カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PINK FLOYD/The Lost BBC Sessions 1967(ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967) (1967/Live) (ピンク・フロイド/UK)

国内のエターナル・グルーヴスから、ボーナス3曲を加えてのリシュー。ピンク・フロイドは、65年にロジャー・ウォーターズ、リック・ライト、ニック・メイソンがロンドンで結成したシグマ6を原点として、そこにシド・バレットが加わる形で再スタートしたグループで、おそらく全世界で最も著名なプログレ・バンドの1つ。本作は、タイトル通り67年のバレット在籍時のBBCセッション&ライヴ音源をコンパイルしたBBC音源集で、オリジナル・モノ音源。メンバーは、バレット、ライト、ウォーターズ、メイソンの4人編成。内容は、おそらく1,2曲目が5月14日「ルック・オブ・ザ・ウィーク」、3~8曲目が9月25日「トップ・ギア」、9,10曲目が12月12日「トゥモロウズ・ワールド」、11~14曲目が12月20日「トップ・ギア」、ボーナスはBBC音源ではなく、15,16曲目は期日不明のライヴ、17曲目は65年アセテート音源。ファースト「夜明けの口笛吹き」からの曲を軸に、セカンド「神秘」に収録される「太陽讃歌」、「ジャグバンド・ブルース」等の原曲を交えたセレクトで、5,9月辺りはわりと濃密でノリのよい演奏を展開。バレットがドラッグ禍でままならない状態の12月は、ほとんどバレット抜きでのインストなども披露していて、それもまた面白い。ファースト収録曲はほぼスタジオ盤に近いアレンジだが、他は適時インプロも交えたパフォーマンスで、当時のサイケ感は十二分に堪能出来る。数少ないバレット在籍時のライヴ音源の中では、ラジオ放送用ということで音質もよく、モノ音源で迫力も担保されていて、初期フロイドの好ライヴ盤と思う。

エターナル・グルーヴス盤
(Psyche/Art Rock,Blues,Progressive / Jewel-case CD(2019) / Eternal Grooves/Japan)

PINK FLOYD/The Lost BBC Sessions 1967(ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967) (1967/Live) (ピンク・フロイド/UK)

価格:

2,530円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

PINK FLOYD/The Lost BBC Sessions 1967(ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967) (1967/Live) (ピンク・フロイド/UK)

Syd Barrett(g,vo)
Rick Wright(org,kbd,vo)
Roger Waters(b,vo)
Nick Mason(ds)

Produced by Unknown


収録曲目
01.Pow R Toc H
02.Astronomy Domine
03.The Grome
04.The Scarecrow
05.Set The Controls For The Heart Of The Sun
06.Matilda Mother
07.Reaction In G
08.Flaming
09.Green Onions
10.Instrumental
11.Vegetable Man
12.Scream The Last Scream
13.Pow R Toc H
14.Jugband Blues

bonus track:
15.See Emily Play
16.Interstellar Overdrive
17.I'm a King Bee (acetate 1965)

ページトップへ