カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JULY/Same (1968/only) (ジュライ/UK)

UKのチェリー・レッド傘下のレヴ・オラから、68年のアルバム未収シングル4曲(13,14,16曲目はシングル・バージョン)をボーナスで加えての、08年新規リマスターでのリシュー。ボーナスは既発のエアー・メイル盤より2曲多く、音質もわりとクリアで迫力もあってよい。ジュライは、66年にアーリングで結成されたザ・トムキャッツというスキッフル・バンドを母体としたグループで、68年にグループ名をジュライに変えて本作をUKメジャー・マイナーからリリースした。この後ジェード・ウォリアーへと発展することでも知られていると思う。メンバーは、トム・ニューマン、トニー・ダーハイ、ジョン・フィールド、アラン・ジェームス、クリス・ジャクソンの5人編成で、プロデュースはトミー・スコット。スリーヴ通りの、典型的なブリティッシュ・サイケ&アート・ロック・サウンドを展開していて、ビートルズ的なメロディにシタールやタブラを多用したオリエンタルなテイストを加え、エフェクトをカマしたボーカルやSE的コラージュ感も、非常にサイケでキマっている。全体に、フロイドのファースト辺りにも通じる猥雑感を放っていて、この後のジェード・ウォリアーへの萌芽的な要素と、ビートルズ系のポップネス、インテリジェンスのあるアングラ感が、何とも絶妙のマッチングを見せる。演奏もけっこうヘヴィでカッコよく、初期ソフト・マシーンやピンク・フロイド、ブロッサム・トゥズ、カレイドスコープ辺りに通じる、正しくサイケで雰囲気十分のサウンド。音色やアイデアのセンスと耳のよさはともかくも抜群で、サイケ愛好家ならまずもって楽しめるだろう、また要チェックの好盤と思う。この後、前述の通りトニーとジョンはジェード・ウォリアーを結成、トムはヴァージンの著名エンジニアとなる。

輸入盤
(Psyche/Art Rock,Progressive / Jewel-case CD(2008 Re-master) / Rev-Ora/Cherry Red/UK)

JULY/Same (1968/only) (ジュライ/UK)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

JULY/Same (1968/only) (ジュライ/UK)

Tom Newman(vo,g,sitar)
Tony Duhig(g,org,vib)
Jon Field(vo,fl,tabla,per)
Alan James(b)
Chris Jackson(ds,p,org)

Produced by Tommy Scott


収録曲目
01.My Clown
02.Dandelion Seeds
03.Jolly Mary
04.Hallo To Me
05.You Missed It All
06.The Way
07.To Be Free
08.Move On Sweet Flower
09.Crying Is For Writers
10.I See
11.Friendly Man
12.A Bird Lived

bonus track(1968 single):
13.My Clown
14.Dandelion Seeds
15.Hello Who's There
16.The Way

ページトップへ