カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

RENAISSANCE(ANNIE HASLAM)/Novella: 3CD Box Edition (1977/5th) (ルネッサンス/UK)

UKのエソテリックから、77年10月14日のロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ音源10曲(97年USAキング・ビスケット・フラワー・アワー盤「アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」と概ね同内容)と、77年のシングル・ヴァージョン2曲等計12曲をボーナスで加えての、19年新規リマスター&限定3枚組クラムシェル・ボックスでのリシュー。ルネッサンスは、キース&ジェーン・レルフ達のオリジナル・ルネッサンス消滅後、マイケル・ダンフォードとアニー・ハズラムをキーパーソンとして再編されたグループで、メンバーも音楽性も異なる別のグループといってよいと思う。本作は、77年にUKワーナーからリリースされたフィフス・アルバムで、確か邦題は「お伽噺」、初回&差替え版スリーヴの折込ポスター封入、豪華ブックレット付。メンバーは、セカンド以降不変のアニー・ハズラム、ジョン・タウト、マイケル・ダンフォード、ジョン・キャンプ、テリー・サリヴァンの5人編成で、曲によってリチャード・ニューソンの手によるオーケストラが入る。巷では代表曲の1つと評価の高い1曲目や、リリカルな哀愁で人気の高い2曲目、クラシカルで壮大な5曲目など、言葉通りのクラシカル&ドラマティック・プログレの典型的なナンバーが収録されていて、全体の纏まり感も上々で最高作に推すリスナーも多い作品。確かに前述の3曲はクラシカル・プログレ系として出来もよくて派手だが、一方でファーストからひそかに続いている、アンバーなフォーク・ロックの流れを汲む3,4曲目も非常に素晴らしい。エレガントでしっとりと落ち着いたなピアノにのせて、ハーモニー・コーラスも交えたアニーのボーカルがしなやかに踊る4曲目と、3曲目のアコースティック・ギターとピアノの響きは、ともかくも美しくて心地好い。全体としても、英国の湿った香りとくぐもり感が、淡い情感の中に担保されている好盤と思う。EUプレス盤

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Progressive/Symphonic,Classic,Folk Rock / Clamshell Box 3CD(2019 Re-master) / Esoteric Recordings/UK,EU)

RENAISSANCE(ANNIE HASLAM)/Novella: 3CD Box Edition (1977/5th) (ルネッサンス/UK)

価格:

3,180円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

RENAISSANCE(ANNIE HASLAM)/Novella: 3CD Box Edition (1977/5th) (ルネッサンス/UK)

Annie Haslam(vo)
Michael Dunford(ac-g,vo)
John Tout(kbd,vo)
Jon Camp(b,ac-g,vo)
Terry Sullivan(ds,per,vo)

Orchestra Arranged by Richard Newson

Producerd by Renaissance


収録曲目
(Disc1):
1.Can You Hear Me?
2.The Sisters
3.Midas Man
4.The Captive Heart
5.Touching Once (Is So Hard To Keep)

bonus track(1977 single edit):
6.Can You Hear Me?
7.Midas Man


(Disc2/bonus: live at the Royal Albert Hall, London 14th October 1977):
1.Prologue
2.Can You Understand
3.Carpet Of The Sun
4.Can You Hear Me
5.Song Of Scheherazade:
a.Fanfare
b.The Betrayal
c.The Sultan
d.Love Theme
e.The Young Prince And The Princess As Told By Scheherazade
f.Festival Preparations
g.Fugue For The Sultan
h.The Festival
i.Finale


(Disc3/bonus: live at the Royal Albert Hall, London 14th October 1977):
1.Running Hard
2.Midas Man
3.Mother Russia
4.Touching Once (Is So Hard To Keep)
5.Ashes Are Burning

ページトップへ