カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DUNCAN MACKAY/Score (1977/2nd) (ダンカン・マッケイ/UK,South Africa)

南アフリカのフレッシュ・ミュージックからのリシュー。多分初CD化。ダンカン・マッケイはヨークシャー州リーズ出身のキーボーティストで、13歳の時にベスト・ヤング・ヴァイオリニスト賞を受賞し、名門の王立シュルーズベリー校に音楽特待生として入学している。60年代後半に家族で南アフリカに移住し、ポート・エリザベス大学でヴァイオリンを学ぶ傍ら、ローカル・バンドでキーボーティストとしても活動を始め、大学の学位を取得後、ドラマーのマイク・グレイや兄?のゴードン・マッケイ等と共にヨハネスブルグでプロ活動をスタートさせた。何よりプログレ系のリスナーには、70年代後半以降のコックニー・レベルやアラン・パーソンズ・プロジェクト、10CC、ケイト・ブッシュ、キャメル等での演奏で知られていると思う。本作は、再渡英後の77年にUKのEMIからリリースされたセカンド・ソロ・アルバムで、メンバーは、ダンカン・マッケイ、クライヴ・チャーマン(ex.ジェフ・ベック・グループ,ハミングバード,etc)、アンドリュー・マックローチ(ex.フィールズ,キング・クリムゾン,グリーンスレイド,etc)のトリオ編成を基本に、曲によってメル・コリンズ、ジョン・ウェットン(プロデュース兼任)、スティーヴ・ハーレイ、ロンドン・シンフォニー・オーケストラ等々のゲスト参加がある。前半がオーケストラ入のクラシカル調、後半がキーボード・トリオに時折ボーカルを交えたバカテク・シンフォニック調という感じで、概ね華麗かつ多彩なキーボード群が飛び回るインスト中心のサウンド。概ね、ファースト同様にELP、レフュジー、トレース、エクセプション辺りに近似するタイプだが、全体に洗練されて引き締まっている印象で、特に後半のバカテク・ナンバー群は素直にカッコいい。バカテク・キーボード・プログレ系の好盤と思う。

輸入盤
(Progressive/Classic,Symphonic / Jewel-case CD(2016) / Fresh Music/South Africa)

DUNCAN MACKAY/Score (1977/2nd) (ダンカン・マッケイ/UK,South Africa)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

DUNCAN MACKAY/Score (1977/2nd) (ダンカン・マッケイ/UK,South Africa)

Duncan Mackay(p,org,cvnt,kbd,sqcr,syn)
Clive Chaman(b)
Andrew McCulloch(ds,per)
Mel Collins(fl)
John Wetton(vo)
Steve Harley(vo)
Yvonne Keeley(vo)
London Symphony Orchestra(orch)

Orchestra Arranged by Will Gibson

Produced by John Wetton


収録曲目
1.Witches
2.Triptych
3.Spaghetti Smooch
4.Time Is No Healer
5.Fugitive
6.Score
7.Pillow Schmillow
8.Jigaloda
9.No Return

ページトップへ