カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PESCADO RABIOSO/Artaud(Used CD) (1973/3rd) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

(中古/USED CD):03年のアルゼンチン・ミクロフォン/ソニー盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=B+ (ヨレと痛み有) / DISC=A

ペスカード・ラビオーソはアルゼンチンのブエノスアイレス出身のグループで、元アルメンドラのルイス・アルベルト・スピネッタが中心となって71年に結成されている。ラ・ペサダやパッポズ・ブルース、アルコ・イーリス、アケラッレ等と共に、70年代のアルゼンチナ・ロックの中では日本でも知名度の高いバンドの1つで、リーダーのアルベルト・スピネッタはソリストとしても本国ではかなりのビッグ・ネーム。本作は、73年にアルゼンチンのミクロフォンからリリースされたサード・アルバムで、紙ジャケ仕様、リリック・インサート入。メンバーは、ヴォーカル、ギター、パーカス、ピアノ等のアルベルト・スピネッタを軸に、曲によってエミリオ・デル・ゲルシオ(ex.アルメンドラ,アケラッレ,etc)、カルロス・グスタボ・スピネッタ、ロドルフォ・ガルシア(ex.アルメンドラ,アケラッレ,etc)が適時参加している。プロデュースはホルヘ・アルバレス。9曲中4曲がアルベルト・スピネッタ1人による演奏で、バックが入る曲もエレキ&アコギの弾語りにリズム隊が絡むといったスタイルが多く、概ねアルベルト・スピネッタのソロ・アルバム的様相を呈している。基本的には、ある程度のサイケ感が担保されたブルース・ロック調という印象で、キャッチーで聴きやすい楽曲とアンニュイなボーカル、フワフワしてるがわりと達者なギターのマッチングも悪くはない。ともかくも南米的ゆるさ満点で、全体に漂うプカプカしたB級浮遊感は、流していてわりと心地好かったりする。

輸入盤
(Blues&Swamp/Blues,Psyche,Hard / Paper-Sleeve CD(2003) / Microfon/Sony/Argentina)

PESCADO RABIOSO/Artaud(Used CD) (1973/3rd) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

価格:

980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

PESCADO RABIOSO/Artaud(Used CD) (1973/3rd) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

Luis Alberto Spinetta(vo,el-g,ac-g,per,p)
Emilio Del Guercio(b,vo)
Carlos Gustavo Spinetta(ds)
Rodolfo Garcia(ds,vo)

Producerd by Jorge Alvarez


収録曲目
1.Todas Las Hojas Son Del Viento
2.Cementerio Club
3.Por
4.Supercheria
5.La Sed Verdadera
6.Cantata De Puentes Amarillos
7.Bajan
8.A Starosta, El Idiota
9.Las Habladurias Del Mundo

ページトップへ