カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NEU!/Neu 75(Used CD) (1975/3rd) (ノイ!/German)

(中古/USED CD):01年のUKグリーンランド盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- (クタビレ感少々) / DISC=A

ノイ!は、初期クラフトヴェルクのメンバーだったクラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターが、71年に揃って脱退して新たにデュッセルドルフで結成したユニットで、ハルモニアやラ・デュッセルドルフ、ディー・エンゲル・デス・ヘルン等々の派生ユニットを持つ、ジャーマン・エレクトロニクスのビッグ・ネームの1つ。本作は、75年にドイツのブレインからリリースされたサード・アルバムで、01年新規リマスター盤、8面開き折込みポスター・スリーヴ仕様。メンバーは、前作からのクラウス、ローターのデュオ編成を基本に、LP旧B面の3曲(4~6曲目)ではクラウスの実弟トマス・ディンガー、ハンス・ランペがドラムで参加、エンジニアはコニー・プランク、プランクとバンドの共同プロデュース。LP旧A面3曲は、ローターの浮遊感ドローン色が前面に顕われたアンビエント・サウンドを展開していて、凪の水辺にゆったりとしたボートで浮かんでいるようなプカプカ感満点で、透明なナゴミ感はともかくも非常に心地好い。LP旧B面3曲は、クラウスのパンク色が色濃く顕われた強烈なハンマー・ビート・ナンバーが並んでいて、ほとんどオカズがない反復ビートに変わりはないのだが、ここに来て曲になってきているというか、ほぼユニゾンのツイン・ドラムによって無意味に増幅されたビート感が、その無意味さゆえにシンプルにカッコいいというロック然としたサウンド。クラウスのキテレツでフリーキーなボーカルもダメダメ感満点で、4,6曲目辺りは最早エレクトロ・パンクとも呼べるかも知れず、文句なしに痛快で圧巻の好盤と思う。本作後、ディンガー兄弟とハンス・ランペはラ・デュッセルドルフを結成、ローターはハルモニアを経てソロ活動へと散開する。

輸入盤
(Psyche/Electronics,Ambient,Punk / Jewel-case CD(2001 Re-master) / Astralwerks/Gronland/USA,UK)

NEU!/Neu 75(Used CD) (1975/3rd) (ノイ!/German)

価格:

1,680円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

NEU!/Neu 75(Used CD) (1975/3rd) (ノイ!/German)

Klaus Dinger(per,ds,g,p,org,vo)
Michael Rother(g,p,syn,electronics,vo)
Thomas Dinger(ds)
Hans Lampe(ds)

Produced by Conrad Plank, Neu!


収録曲目
1.Isi
2.Seeland
3.Leb Wohl
4.Hero
5.E-Musik
6.After Eight

ページトップへ