カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PETER BELLAMY/Both Sides Then (1979/11th) (ピーター・ベラミ/UK)

UKのトピック・レコードからデジパックでのリシュー。ピーター・ベラミは、ドーセットのボーンマス出身のトラディシャンで、何よりヤング・トラディションでの活動で知られていると思う。近世イギリスの民謡に傾倒し、普段から近世市民階級の服装で生活したある種の変人で、キプリングのバラッド詩を歌うなど著名リヴァイバリストとしてソロ活動も盛んに行ったが、91年に自殺した。本作は、79年にUKトピックからリリ-スされたソロ名義11枚目のアルバムで、コンサーティナまたはギター弾語りのベラミを中心に、曲によってデイヴ・スワーブリックやヤング・トラディション時代の僚友ロイストン&ヘザー・ウッドの他、ウォーターソンズの面々などがゲスト参加している。どのチューンも、コンサーティナまたはギター、フィドルによるシンプルなバックか無伴奏シンギングで、極めてオーセンティックな香りの漂うバラッド・チューンが並んでいて、アクの強さは例えばペタ・ウェッブ辺りにも近似する印象。ペンタングル等々でお馴染みの「トゥリーズ・ゼイ・ドゥ・グロウ・ハイ」や「ハウスカーペンター」、著名な「アメイジング・グレース」等に、アメリカのアパラチアン山脈地方の伝承歌を織り交ぜた構成で、曲調は暗くないにもかかわらず、背後に民衆の悲しみが見え隠れするずっしりとしたトラッドの重みや太さ、泥臭さ、逞しさを放つ重厚な印象。その意味では、スリーヴも含め確実に空気の色と時間の流れが変わる、非常に真っ当なオーセンティック・トラッドの好盤と思う。

輸入盤/デッドストック入荷
(Trad&Folk/British Trad / Digi-Pack CD(2009) / Topic Records/UK)

PETER BELLAMY/Both Sides Then (1979/11th) (ピーター・ベラミ/UK)

価格:

1,980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

PETER BELLAMY/Both Sides Then (1979/11th) (ピーター・ベラミ/UK)

Peter Bellamy(vo,ctna,g)
Dave Swarbrick(fdl,vo)
Bill Shute(g)
The Watersons(vo)
Anthea Bellamy(vo)
Royston Wood(vo)
Heather Wood(vo)
Louis Killen(vo)
Lisa Null(vo)

Produced by Peter Bellamy


収録曲目
01.Barbaree
02.The Trees They Do Grow High
03.The Lord Will Provide
04.The Gallant Frigate Amphitrite
05.A-Roving On A Winter's Night
06.Derry Gaol
07.Long Time Travelling
08.The Maid Of Australia
09.The Shepherd Of The Downs
10.The House Carpenter
11.When I Die
12.Edmund In The Lowlands
13.Around Cape Horn
14.The Turfman From Ardee
15.Amazing Grace

ページトップへ