カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MALICORNE/Same(Le Mariage Anglais) (1975/2nd) (マリコルヌ/France)

フランスのヘキサゴン/グリフからのリシュー。マリコルヌは、パリ出身のガブリエル・ヤクーがアラン・スティーヴェルのバンドを辞めた後に、奥さんのマリーとのデュオ活動を経て結成したグループで、アラン・スティーヴェルやダナール・ブラーズ等と共にフレンチ・トラッド系を代表するアーティストの1つ。本作は、75年にフランスのヘキサゴンからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作と同じガブリエル、マリー、ローラン・ヴェルカンブル、ユーグ・ド・クールソンの4人編成。概ね前作の延長線上にある、フレンチ・トラッドを基調とした中世的古楽色の強いサウンドを展開していて、全体の雰囲気は相変わらずギスギスしていてダークだが、曲によってはわりとメロディアスな情感があって、前作よりは初期スティーライ・スパンに近い印象。特にド・クールソンのベースが、音色もラインもアシュリー・ハッチングスを彷彿させ、エレクトリック・トラッドと呼べる曲もあるので初期スティーライ的なのだが、前作では使っていなかったクラムホルン等の管楽器が印象深く、ブズーキ、チター、ハーディ・ガーディ、マンドリン、プサルテリオン等による弦楽器アンサンブルも、増々深淵で古楽的な響きを放っている。このバンドの初期作品群全てに共通することだが、湿っていて薄曇りの中世的暗黒感、宗教臭さのない荘厳さ、浮世離れした内省感は、ジワジワと胸に染み入る別世界的イメージがあって非常に見事。あまり一般ウケしないタイプのサウンドかも知れないが、スティーヴェルとはまた違った孤高のフレンチ古楽トラッド系として、わりと文句なしの好盤と思う。

輸入盤/デッドストック入荷
(Trad&Folk/French&Medieval Trad / Jewel-case CD(2001) / Hexagone/Griffe/France)

MALICORNE/Same(Le Mariage Anglais) (1975/2nd) (マリコルヌ/France)

価格:

2,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

MALICORNE/Same(Le Mariage Anglais) (1975/2nd) (マリコルヌ/France)

Gabriel Yacoub(vo,ac-g,el-g,mdln,dlmr,zither)
Marie Yacoub(vo,el-dlmr,bzki,hdy-gdy,psalterion,zither)
Hughes De Courson(el-g,b,crumhorn,hnum,per,vo)
Laurent Vercambre(vln,vln-cello,bzki,psalterion,mdln,melodion,org,vo)

Producerd by Malicorne


収録曲目
01.Le Mariage Anglais
02.Le Garçon Jardinier
03.La Fille Aux Chansons (Marion S'Y Promene)
04.J'ai Vu Le Loup, Le Renard Et La Belette
05.Cortege De Noce
06.Branle/La Péronnelle
07.Le Galant Indiscret
08.Marions Les Roses (Chant De Quete)
09.Suite: Bourree/Scottish-Valse
10.Le Bouvier

ページトップへ