カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

アコースティック・アストゥーリアス(ACOUSTIC ASTURIAS)/Legend Of Gold Wind(レジェンド・オブ~) (2011/3rd) (Japan)

大山曜本人の国内のアストゥーリアス・レーベルからのリリース。大山曜は東京都出身のマルチプレイヤー兼コンポーザーで、85年に新月の津田治彦主宰のフォノジェニック・スタジオでスタジオ・ミュージシャンとして活動を始め、88年にソロ・プロジェクトのアストゥーリアスを始動、マイク・オールドフィールド的プログレとして一定の支持を得た。90年代中盤以降は主にゲーム音楽等の仕事でアストゥーリアスは休止状態だったが、04年に「バード・アイ・ビュー」をリリースして復活、以後は従来の1人多重録音スタイルのアストゥーリアス、室内楽的編成のアコースティック・アストゥーリアス(アコアス)、バンド編成のエレクトリック・アストゥーリアス(エレアス)の3つのタイプを使い分けて活動している。本作は、11年にリリースされたアコアスのサード・アルバムで、メンバーは、大山、川越好博、筒井香織、テイ・セナのクァルテット編成。相変わらず涼しげでエレガントな、バカテク・アコースティック・フュージョン・プログレ的サウンドを展開。今回、ガット・ギター1本で通している大山はわりとリズムに徹していて、大山のギターに主役を期待する人には物足りないかも知れないが、リズム&テーマ・セクションを出入りする川越のピアノ、ケルティック・トラッド色のあるテーマを担う筒井のクラリネット&リコーダー、カウンター・メロディと抒情性を担うテイセナのヴァイオリンとのバランスは上々で、全体のアンサンブルは非常に真っ当。判りやすい炸裂ではないが、高速ストロークを随所に交えた大山のギターは素直に上手く、情感のあるピアノとのアルペジオの重なりや、リズムのユニゾン、シンコペーションの一致は見事。プログレの耳に違和感なく響く、美しいアコースティック・サウンドの好盤と思う。

アストゥーリアス盤/デッドストック入荷
(Progressive/Symphonic,Fusion / Jewel-case CD(2011) / Asturias/Japan)

アコースティック・アストゥーリアス(ACOUSTIC ASTURIAS)/Legend Of Gold Wind(レジェンド・オブ~) (2011/3rd) (Japan)

価格:

2,750円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

アコースティック・アストゥーリアス(ACOUSTIC ASTURIAS)/Legend Of Gold Wind(レジェンド・オブ~) (2011/3rd) (Japan)

大山曜(g)
川越好博(p)
筒井香織(clnt,rcdr)
テイセナ(vln)

Producerd by 大山曜


収録曲目
01.レジェンド
02.黄源の舞
03.ベタ・スプレンデス
04.凍てついた記憶
05.パーペチュアル・モーション
06.ユハンヌス
07.邂逅
08.紅蓮菩薩
09.ルカ組曲:
i.草原のルカ
ii.星とルカ闇に消え
iii.風の王国
10.かげろう

ページトップへ