カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

CAN/Ege Bamyasi (1972/4th) (カン/German)

UKのスプーン・レコードから、12年新規リマスターでのリシュー。カンは、ミュージック・アカデミアの教師だったホルガー・シューカイとイルミン・シュミット、フリー・ジャズ畑のドラマーだったヤキ・リーヴェツァイトが、映画のサントラ制作の為に68年にケルンで結成したインナー・スペースを母体とするグループで、アカデミアでシューカイの生徒だったミヒャエル・カローリ加入後にカンに改名した(異説あり)。唯一無比の個性と先鋭的な音楽性を放ち、その後のプログレ、パンク、ニュー・ウェイヴ、テクノ等々、数多のミュージシャン達に影響を与えたジャーマン・サイケを代表するバンドの1つ。本作は、72年にドイツUAからリリースされたフォース・アルバムで、メンバーは、シューカイ、シュミット、リーヴェツァイト、カローリ、ダモ鈴木の5人編成。概ね脳天スライムなサイケ感満点で、前作までのヴァイオレントなアングラ感と、次作以降のクールなファンク色、変態エスニック&エレクトロニクス色が混在&交叉している印象。その意味では、結果として過渡期のサウンドと位置付けることも可能だが、おそらくダモ鈴木が最も炸裂しているアルバムで、この英語、ドイツ語、日本語のデタラメ感十分のチャンポン・スタイルから繰り出される呪術的トーキング・ボーカルは、ともかくも強烈なオリジナリティとインパクトを放つ。全体に、フニャフニャ&プカプカの妖しいアングラ的浮遊感が漂っていて、ドラムのビートだけがクッキリしていて他は形があるようでないようで、ところがしかし妙にポップで聴きやすい不思議なサウンド。何時までたっても着地点がわからず、暗くも明るくもないこのとりとめのなさは、毒のあるゆるさというか、そんなカッコよさを放つ好盤と思う。EUプレス盤

輸入盤
(Psyche/Progressive,Experimental / Jewel-case CD(2012 Re-master) / Spoon Records/UK,EU)

CAN/Ege Bamyasi (1972/4th) (カン/German)

価格:

1,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

CAN/Ege Bamyasi (1972/4th) (カン/German)

Holger Czukay(b,effect)
Michael Karoli(g)
Jaki Liebezeit(ds,per)
Irmin Schmidt(kbd)
Damo Suzuki(vo)

Producerd by Can


収録曲目
1.Pinch
2.Sing Swan Song
3.One More Night
4.Vitamin C
5.Soup
6.I'm So Green
7.Spoon

ページトップへ