カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ANNETTE PEACOCK & PAUL BLEY/Dual Unity (1972/Only) (アネット・ピーコック&ポール・ブレイ/USA,Canada)

UKのバンブーから、16年新規リマスターでのリシュー。アネット・ピーコックは、ニュー・ヨーク出身の女性シンガー兼コンポーザー、キーボーティストで、プログレ系リスナーには何よりブラフォードの「フィールズ・グッド・トゥ・ミー」への参加や、ミック・ロンソン達がバックを務めた「X-ドリームス」で知られていると思う。ポール・ブレイはカナダのモントリール出身のジャズ・ピアニストで、50〜60年代にかけてチャーリー・ミンガスやアート・ブレイキー、ドン・チェリー等と共に主にフリー・ジャズ畑で活動、60年代後半にアープ&ムーグ・シンセにいち早く着目した先駆的奏者の1人。本作は、72年にUSAフリーダムからリリースされた夫妻のデュオ名義唯一のアルバム(レコーディングは70年)。メンバーは、エレピ、ピアノ、ベース、ボーカルのアネット、シンセ&エレピのブレイを核に、曲によってドラムはハン・ベニンク、ローレンス・クック、ベースはマリオ・パヴォーネが適時担当、アネットとブレイの共同プロデュース。ゆるやかで牧歌的な同じテーマをモチーフとした1,4曲目で、シンセ・ノイズが飛び交う激しいフリー・ジャズ的な2,3曲をサンドイッチした構成。68年のブレイ・ピーコック・シンセサイザー・ショウ名義「リヴェンジ」で展開した、電子音響ジャズとでも呼べるサウンドの延長線上にある印象。ブレイのシンセとアネットのボーカルは、ある意味スペイシーとも云えるかも知れないが、着地しない感じのノイジーさと浮遊感は独特で、正しくフリー・ジャズ的なレスポンスを見せるドラムやピアノと相俟って、ともかくも妙な昂揚感を生んでいる。ハミ出し感満点の面白い好盤と思う。

輸入盤
(Psyche/Experimental,Free Jazz,Electronics / Jewel-case CD(2016 Re-master) / Bamboo/UK)

ANNETTE PEACOCK & PAUL BLEY/Dual Unity (1972/Only) (アネット・ピーコック&ポール・ブレイ/USA,Canada)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ANNETTE PEACOCK & PAUL BLEY/Dual Unity (1972/Only) (アネット・ピーコック&ポール・ブレイ/USA,Canada)

Annette Peacock(el-p,p,b,vo)
Paul Bley(syn,el-p)
Han Bennink(ds)
Mario Pavone(b)
Laurence Cook(ds)

Produced by Annette Peacock & Paul Bley


収録曲目
1.M.J.
2.Gargantuan Encounter
3.Richter Scale
4.Dual Unity

ページトップへ