カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

STEVE REICH/Variations for Winds Strings and Keyboards (1974+84) (スティーヴ・ライヒ/USA)

ドイツのユニバーサル/グラモフォンから、02年新規リマスターでのリシュー。スティーヴ・ライヒはニュー・ヨーク出身の作曲家で、コーネル大学で哲学を修めた後、ジュリアード音楽院やミルズ・カレッジで現代音楽を学んだ。同じフレーズの位相をズラす「フェイズ・シフティング」手法を考案して、アフリカ音楽やガムランのリズム・パターンを取り込んだミニマル・ミュージックの先駆者で、ジョン・ケージやテリー・ライリーと共に現代音楽/エクスペリメンタル・ミュージックを代表するビッグ・ネーム。本作は、84年にジョン・アダムスとのスプリット盤でリリースされた「管楽器、弦楽器、キーボードのための変奏曲(1曲目)」と、74年に「ドラミング」とのカップリング等でリリースされた「マレット楽器、声、オルガンのための音楽(2曲目)」、「6台のピアノ(3曲目)」の計3曲をコンパイルしたアルバム。クレジット・メンバーは、1曲目がサン・フランシスコ交響楽団、指揮はエド・ド・ワール、2,3曲目がライヒ、ボブ・ベッカー、ラス・ハルテンベルガー、ジェームズ・プレイス、スティーヴ・チェンバース、グレン・ヴェレツ、ジェイ・クレイトン、ジャニス・ジャレット等々で、プロデュースはヴィルヘルム・ヘルヴェークとドクター・ルドルフ・ヴェルナー。トリップ感がホルストの「惑星」に近似するオーケストラの1曲目、複数のマリンバとグロッケンシュピール、人声、オルガンを軸に、マイク・オールドフィールドの「呪文パート4」のような美しい情感の2曲目、パット・メセニーがギター弾いた「エレクトリック・カウンターポイント」的昂揚感の3曲目、どれもフェイズ・シフティング方面の優れて瞑想的なグッド・トリップ・サウンド。ともかくも心地好い好盤と思う。素晴らしい!。EUプレス盤

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche/Minimal,Medidtation,Progressive / Jewel-case CD(2002 Re-master) / Universal/Grammophon/German,EU)

STEVE REICH/Variations for Winds Strings and Keyboards (1974+84) (スティーヴ・ライヒ/USA)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

STEVE REICH/Variations for Winds Strings and Keyboards (1974+84) (スティーヴ・ライヒ/USA)

Steve Reich(mrba,p)
Bob Becker(mrba,p)
Russ Hartenberger(mrba,p)
James Preiss(mtlphon,p)
Tim Ferchen(mrba)
Steve Chambers(p,org)
Glen Velez(glocken,p)
Ben Harms(glocken)
Joan LaBarbara(vo)
Jay Clayton(vo)
Janice Jarrett(vo)
San Francisco Symphony(orch)

Conducted by Edo De Waart

Producerd by Wilhelm Hellweg, Dr. Rudolf Werner


収録曲目
1.Variations for Winds Strings and Keyboards (1984)
2.Music For Mallet Instruments, Voices And Organ (1974)
3.Six Pianos (1974)

ページトップへ