カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MKWAJU ENSEMBLE/KI-Motion(樹・モーション) (1981/2nd) (ムクワジュ・アンサンブル/Japan)

国内の日本コロムビアから、UHQCD(アルティメイト・ハイ・クォリティCD)&18年新規リマスターでのリシュー。ムクワジュ・アンサンブルは、すでにベルリン・フィルの一員としてデビューしていた高田みどり、深町純等とサントラを手掛けていた荒瀬順子、山本邦山の尺八作品等に参加していた定成庸司の、3人の打楽器奏者によるユニット。本作は、81年に日本コロムビア傘下のベター・デイズからリリースされたセカンド・アルバムで、タイトルは「樹・モーション」。メンバーは、前作からの高田、定成の2人に、プロデュース兼任の千野秀一(ex.Wha-ha-ha,グラウンド・ゼロ,etc)と、村上ポンタ秀一を加えた4人編成。前作では全曲が久石譲の作曲だったが、今回は高田と千野の曲を演奏していて、正調ミニマル系の高田、国籍不明エスニック系の千野のセンスが交叉していて、けっこうハミ出し感十分で面白い。スティーヴ・ライヒ的カウンターポイント手法の1曲目や、モアレ感がドローン的な2曲目など、高田の曲は83年のファースト・ソロ「スルー・ザ・ルッキング・グラス」に繋がっていく感じで、サイケな猥雑感やユーモラスさに収束する千野の曲とある意味好対照をなしている。全体に、マリンバ、ヴィブラフォンを軸としたマレット楽器群の音色が心地好く、ポンタのドラムを交えたリズム・アンサンブルも見事で、シンセのエレクトロニクス感も的確にハマっていて、浮世離れした独特の浮遊感と雰囲気を放つ。時間の流れと空気の色が変わる、ともかくも正しくサイケな好盤と思う。心地好し!。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

国内盤
(Psyche/Minimal,Ambient,Drone / Jewel-case UHQCD(2018 Re-master) / Nippon Columbia/Japan)

MKWAJU ENSEMBLE/KI-Motion(樹・モーション) (1981/2nd) (ムクワジュ・アンサンブル/Japan)

価格:

2,160円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

MKWAJU ENSEMBLE/KI-Motion(樹・モーション) (1981/2nd) (ムクワジュ・アンサンブル/Japan)

Midori Takada/高田みどり(per,mrba,vib,voice,etc)
Yoji Sadanari/定成庸司(per,mrba,vib,etc)
Shuichi Chino/千野秀一(syn)
Shuichi "Ponta" Murakami/村上ポンタ秀一(ds)

Produced by Shuichi Chino/千野秀一


収録曲目
1.Wood Dance/ウッド・ダンス
2.Maximum α/マキシマム・α
3.Ki-Motion/キ・モーション
4.Angwora Steps/アングウオラ・ステップス
5.Hot Air/ホット・エア
6.Zindo Zindo/ジンド・ジンド

ページトップへ