カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

CONTRACTION/La Bourse ou la Vie (1974/2nd) (コントラクション/Canada)

カナダのプログケベック/ムジーク・プログレッソンから、05年リマスターでのリシュー。多分初CD化。コントラクション(コントラクシオン)は、カナダのケベック州モントリオール出身のグループで、ソロ・アルバム「ディメンション M」のリリース直後にガンで急逝したフランク・ドゥルヴューの遺志を受け継ぐ形で、アルバム参加メンバー達が中心となって72年に結成されている。本作は、74年にカナダのコロムビアからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作からのクリスティアーヌ・ロビショー、ロバート・スタンリー(ex.アルモニウム)、ロベール・ラシャペル、イヴ・ラフェリエの4人に、新たにリシャール・ペロット、ジミー・タナカを加えた6人を中心に、曲によってカーライル・ミラー、ドゥニ・ファルメール、マルセル・ボーシャン等々が適時参加、ラフェリエとクリスティアーヌの共同プロデュース。前作のジャズ・ロック路線を基調としつつも、よりプログレ色の強い凝ったアレンジが施されていて、全体としてはシンフォニック・プログレ的な印象。クリスティアーヌの涼しげな女性ボーカル、ラフェリエの粘っこいベース、ラシャペルの美しいピアノ&エレピ、スタンリーの流暢なギター、どれも健在で達者なアンサンブルと演奏は素直にカッコよく、カンタベリー的な丸い耳触りとエレガントなくぐもり感も担保されている。わりと圧巻の18分に及ぶ組曲形式のタイトル曲を初めとして、全体に丁度いい塩梅のキャッチーさの楽曲と、バンド感十分でノリのよい演奏が上手いマッチングを見せていて、前作と共に文句なしの好盤と思う。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Progressive/Symphonic,Jazz Rock,Canterbury / Jewel-case CD(2005 Re-master) / ProgQuebec/Canada)

CONTRACTION/La Bourse ou la Vie (1974/2nd) (コントラクション/Canada)

価格:

2,680円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

CONTRACTION/La Bourse ou la Vie (1974/2nd) (コントラクション/Canada)

Christiane Robichaud(vo)
Robert Stanley(g)
Robert Lachapelle(p,el-p,org,syn)
Yves Laferriere(b,vo)
Richard Perrotte(ds)
Jimmy Tanaka(per)
Carlyle Miller(fl)
Marcel Beauchamp(g)
Denis Farmer(ds)
Jean-Jacques Robichaud(vo)
Joey Armando(per)

Producerd by Yves Laferriere & Christiane Robichaud


収録曲目
1.Jos Coeur
2.L'Alarme a l'Oeil
3.Claire Fontaine
4.Sam m'Madown
5.Jos Coeur "fermeture"
6.Vent du Sud
7.La Bourse ou la Vie:
a)Au Commencement
b)Tout Seul Comme un Grand Piano
c)La Bourse ou la Vie
8.L'Ame a Tout Faire

ページトップへ