カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SLOW ELECTRIC/Same (2011) (スロウ・エレクトリック/UK,Estonia)

UKのパネジェリクから、デジパックでのリリース。スロウ・エレクトリックは、ノー・マン、ヘンリー・フール、サミュエル・スマイルズ等のティム・ボウネスとピーター・チルヴァースが、10年に新たに結成したユニットで、本作は11年にリリースされたファースト・アルバム。メンバーは、ボウネス、チルヴァース、ロベルト・ユリエンダール、エストニア人管楽器奏者アレクセイ・サクスの4人編成が基本で、2曲でトニー・レヴィン(ex.キング・クリムゾン,etc)がゲスト参加。概ね、ボウネスのソロ・ユニット作品群に近似する、極めて英国的な湿った香りと淡い哀愁に満ちたサウンドを展開していて、全体に漂う内省感や郷愁感、澄んだクリアー感は、例えばデヴィッド・シルヴィアン辺りにも通じる印象。淡々としているが深みのあるボウネスのボーカルは非常に上等で、遠くな鳴ってるようなリヴァーブ感絶妙のトランペット、丸くて落ち着いた音色のピアノ、SE&ノイズ的なシンセ、控え目で優しいギター、空気感抜群のドローン・エレクトロニクスが、ボーカルを軸として隙間を詰め過ぎずに的確に埋めている。全体に的を射たシンプルさというか、過剰な装飾はないが十分に音像は厚く、嫌味のない哀愁とくぐもり感を放つメロディやコードの響きが、ともかくも胸に染み込む。確実に時間の流れと空気の色が変る優れて瞑想的なサウンドで、耳とセンスのよさ、雰囲気の素敵さと心地好さ十分の大好盤と思う。80年代ニュー・ウェーヴとオルタナ、90年代ポスト・ロックを通過したプログレ的情感の、現在における最も上等な顕われの1つに違いない。素晴らしい!。

輸入盤
(Progressive/Psyche,Electronics / Digi-Pack CD(2011) / Panegyric/UK)

SLOW ELECTRIC/Same (2011) (スロウ・エレクトリック/UK,Estonia)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

SLOW ELECTRIC/Same (2011) (スロウ・エレクトリック/UK)

Tim Bowness(vo,p,mltrn)
Peter Chilvers(kbd,p,treatments,rhythms,iPad)
Robert Jurjendal(g,g-loops)
Aleksei Saks(tp,tp-loops)
Tony Levin(b,stick)

Procuced by Slow Electric


収録曲目
1.Towards The Shore/Towards An Ending
2.Criminal Caught In The Crime
3.Days Turn Into Years
4.Slow Electric Hum/Also Out Of Air
5.Another Winter
6.Between The Silent Worlds

ページトップへ