カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JULIAN'S TREATMENT/A Time Before This(ア・タイム・ビフォア・ディス) (1970/only) (ジュリアンズ・トリートメント/UK)

国内のマーキー/ベル・アンティークから、17年新規リマスター&ペーパースリーヴでのリシュー。カンガルー式見開き紙ジャケ仕様で、歌詞・対訳付。ジュリアンズ・トリートメントは、ドミニカ生まれの黒人キーボーティスト兼SF小説家のジュリアン・ジェイ・サヴァリンが、弱冠20歳にして「ア・タイム・オデッセイ」三部作を執筆し、その小説をコンセプトとしたアルバムを制作する為に70年に結成したグループ。本作は、70年にUKヤングブラッド/USAデッカからリリースされたジュリアンズ・トリートメント名義唯一のアルバムで、スリーヴは初のUSAデッカ盤仕様、音源はUKヤングブラッド盤を使用、オリジナルは2枚組だったので一応2in1CD。メンバーは、ジュリアン・ジェイ・サヴァリン、キャシィ・プルデン、デル・ワトキンス、ジョン・ドーヴァー、ジャック・ドラモンドの5人編成で、プロデュースはミキ・ダロン。キャシィのちょっとアニー・ハズラムっぽいボーカルは達者で、サヴァリンのハモンド・オルガンも流暢で上手く、オルガン・サイケ・プログレとしてわりと真っ当にカッコいいサウンドを展開。71年のサヴァリンのソロ名義アルバム「ウエイターズ・オン・ザ・ダンス」と本作は、「ア・タイム・オデッセイ」三部作をモチーフとしたコンセプト作品で、音の傾向も似ていて姉妹作といってよいと思うが、本作のほうがフワフワしたオルガンと女性ボーカル・パートの比重が大きく、全体にはわりとあっさりした印象かも知れない。オルガンの音色やボーカルのメロディ、全体のリズム・パターンなども少し古めかしいサイケ感が強い感じだが、曲によってはリズムとギターが盛り上がり、楽曲も普通にカッコよかったりもして聴き応えは十分。何より、このプカプカした浮遊感とブリティッシュ然とした雰囲気を楽しむサウンドという印象で、このUS盤スリーヴも含め悪くない1枚。

マーキー盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Progressive/Psyche,Blues,Symphonic / Paper-Sleeve SHM-CD(2017 Re-master) / Belle Antique/Japan)

JULIAN'S TREATMENT/A Time Before This(ア・タイム・ビフォア・ディス) (1970/only) (ジュリアンズ・トリートメント/UK)

価格:

3,394円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

JULIAN'S TREATMENT/A Time Before This(ア・タイム・ビフォア・ディス) (1970/only) (ジュリアンズ・トリートメント/UK)

Julian Jay Savarin(kbd)
Cathy Pruden(vo)
Del Watkins(g,fl)
John Dover(b)
Jack Drummond(ds)

Directed by Julian Jay Savarin

Produced by Miki Dallon


収録曲目
01.First Oracle/第一章: 最初の神託
02.The Coming Of The Mule/第二章: ミュールの来訪
03.Phantom City/第三章: 妄想の都市
04.The Black Tower/第四章: 漆黒の塔
05.Alda, Dark Lady Of The Outer Worlds/第五章: 宇宙の黒き貴婦人、アルダ
06.Altarra, Princess Of The Blue Women/第六章: 蒼き婦人の王女アルタッラ
07.Second Oracle/第七章: 第二の神託
08.Pt.1: Twin Suns Of Centauri/第八章 パート1: ケンタウルス座の双子の太陽
09.Pt.2: Alkon, Planet Of Centauri/第八章 パート2: ケンタウルス座の惑星、アルコン
10.The Terran/第九章: ザ・テラン
11.Fourth From The Sun/第十章: 双子ん太陽からの第4の惑星
12.Strange Things/第十一章: 奇妙な事象
13.A Time Before This/第十二章: ア・タイム・ビフォア・ディス

ページトップへ