カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAY BLITZ/Same(メイ・ブリッツ) (1970/1st) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

ドイツのレパートリーから、04年新規リマスター&限定ペーパースリーヴでのリシュー。見開き紙ジャケ仕様、インサート入。音質はクリアで、中低音の迫力もあって非常によい。メイ・ブリッツは、元ジェフ・ベック・グループ(JBG)のトニー・ニューマン(ex.スリー・マン・アーミー,ボクサー,デヴィッド・ボウイ・バンド,etc)が、元ベーカルーのリズム隊のキース・ベイカーとテリー・プール、JBGのアメリカ・ツアーで知り合った若いカナダ人ギタリストのジェイムス・ブラックと共に、69年に新たに結成したグループで、当初はツイン・ドラム編成だったが70年に入ってベーカルーの2人が離脱、ブラックの旧友だったリード・ハドソンをロンドンに呼び寄せ、改めてトリオで活動を開始した。ヒップ&アングラ色満点のサイケ感とヘヴィネス、ハード調の上等な演奏が融合した稀有なバンド。本作は、70年にUKヴァーティゴからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ニューマン、ブラック、ハドソンのトリオ編成。概ね、正しくサイケな妖しさと上等なハード・ロック・マナーの演奏が噛み合った、文句なしのカッコよさを放つインプロ基調のハード・ロックを展開。ブラックはクリアトーンやアコースティック・ギターを多用、ニューマンのドラムは手数が多くかなりジャズ的、2人共ジャジーなまま狂い盛上がるが殊の外ヘヴィで、それをハドソンのドライヴ感十分のベースが纏めている印象。全体に、トリオのバランスがよくバンド感満点で、おそらくサイケ・ハード系最高峰の1つというか、この線としては文句なしの大好盤と思う。えらいカッコよし!。尚、このレパートリーの紙ジャケ・シリーズは、スリーヴの質感もヴァーティゴ・オリジナルに最も近い。TESオビ・解説付

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche Hard/Blues,Progressive / Paper-Sleeve CD(2004 Re-master) / Repertoire/German)

MAY BLITZ/Same(メイ・ブリッツ) (1970/1st) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

MAY BLITZ/Same(メイ・ブリッツ) (1970/1st) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

James Black(g,vo)
Reid Hudson(b)
Tony Newman(ds,vib)

Producerd by May Blitz


収録曲目
1.Smoking The Day Away/スモーキング・ザ・デイ・アウェイ
2.I Don't Know?/アイ・ドント・ノウ?
3.Dreaming/ドリーミング
4.Squeet/スクィート
5.Tomorrow May Come/トゥモロウ・メイ・カム
6.Fire Queen/ファイア・クイーン
7.Virgin Waters/ヴァージン・ウォーターズ

ページトップへ