カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

VESPERO/Songo (2021) (ヴェスペロ/Russia)

ドイツのトンツォーネン・レコードから、見開きデジスリーヴでのリリース。ヴェスペロはカスピ海北岸のアストラハン出身のグループで、アレクサンドル・クゾフレフとアルカジー&イヴァン・フェドトフ兄弟(ex.マート・ランダー,シーオーム,etc)が中心となって03年に結成された。オズリック・テンタクルズ・タイプと評されたスペイシーなポスト・ロック系を基調に、近年はチェンバー・ロック方面の実験色やカスピ海周辺のエスニック・ミュージックの要素も交えて活動、現在までに20枚以上のアルバムをリリースしている。本作は、21年にリリースされた新作アルバムで、メンバーは、クゾフレフ、フェドトフ兄弟、アレクセイ・クラブコフ、ヴィタリー・ボロジーンの5人編成を基本に、曲によってアレクセイ・イェシン、ソーニャ・ヴラーソヴァが適時ゲスト参加、マスタリングはエロック(ex.グローブシュニット)。シンセのノイズやSEのスペイシーさ、インプロも交えたインスト基本のオズリック・テンタクルズ的スタイルは概ね担保しつつ、ヴァイオリンやメロトロンを交えたプログレ的要素と、グースリ(ロシアの擦弦古楽器)、サズ、マンドリン、リコーダー、アコーディオン等々による少しアラビックなテイストを内包した古楽&エスニック的要素が交叉。時折変拍子も含む楽曲は、キャッチー過ぎないメロディアスさがいい塩梅で、涼やかな女性スキャット・ボーカルのハマりも悪くなく、エスニックなグルーヴをさりげなく取り入れたリズムも心地好い。派手ではないが安定して流暢な演奏はカッコよく、全体が淡い郷愁感に収束する好盤と思う。このアンバーな情感は、ともかくも流していて心地好い。

輸入盤
(Progressive/Psyche,Ethnic,Symphonic / Digi-Sleeve CD(2021) / Tonzonen Records/German)

VESPERO/Songo (2021) (ヴェスペロ/Russia)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

VESPERO/Songo (2021) (ヴェスペロ/Russia)

Alexander Kuzovlev(g,saz,mdln)
Alexey Klabukov(kbd,syn)
Vitaly Borodin(vln,acdn)
Arkady Fedotov(b,syn,noise,rcdr,vo)
Ivan Fedotov(ds,per)
Alexey Esin(gusli,midi-sax)
Sonya Vlasova(vo)

Produced by Unknown


収録曲目
1.Ne Enlitigu Ce La Maro
2.Lebedivo
3.Le Papillon Ou Moi
4.Cloudarias
5.Sonos No Meu Pelo
6.Myth Of Uqbar
7.Samavaya
8.Song Of Opaque
9.Stymphalian Birds

ページトップへ