カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HANNIBAL/Same (1970/only) (ハンニバル/UK)

韓国のビッグ・ピンク・ミュージックから、19年新規リマスター&限定ペーパースリーヴでのリシュー。見開き紙ジャケ仕様で、インサート、インナー・バッグ入、オビ付。ハンニバルは、ベーカルー・ブルース・ラインが70年に改名したグループで、本作は70年にUKのB&Cからリリースされた唯一のアルバム。メンバーは、アレックス・ボイス、エイドリアン・イングラム、ビル・ハント、クリフ・ウィリアムズ、ジャック・グリフィス、ジョン・パーカードの6人編成で、プロデュースはロジャー・ベイン、スリーヴ・デザインはキーフ。ベーカルーのマネージャーだったジム・シンプソンが、70年にイングラムとデイヴ・ペグ、コージー・パウエルでベーカルーの再編を企画したが、ペグはフェアポート・コンヴェンションへ、パウエルはビッグ・バーサ(ex.ベドラム)にそれぞれ留まったので、結局前述の6人のメンバーでベーカルー・ブルース・ラインを結成、ドイツ・ツアーの後ハンニバルに改名するという流れ。例えば、インディアン・サマー辺りをよりブルージー&ハードにした感じの、泥臭いブラス入りのジャジー・ブリティッシュ・サウンドを展開していて、ブルース、ジャズ・ロック、プログレのゴタ混ぜ感十分で、適度にアングラな雰囲気もハマっている。そこそこバンド感のある演奏は悪くなく、ヴァーティゴ&ネオン系の太さとサイケな香りもあるが、煮え切らなさと寸止め感も満点で、よくいえばゴッタ煮、悪くいえば焦点の定まらない中途半端さを放つ。そこを捨て難い味わいとして楽しむかどうかは好みと思うが、キーフのスリーヴも含め、ある意味典型的なB級ブリティッシュ・ロックという印象。

輸入盤/限定プレス
(Progressive/Psyche,Blues,Jazz Rock / Paper-Sleeve CD(2019 Re-master) / Big Pink Music/Korea)

HANNIBAL/Same (1970/only) (ハンニバル/UK)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

HANNIBAL/Same (1970/only) (ハンニバル/UK)

Alex Boyce(vo)
Adrian Ingram(g)
Bill Hunt(org,f-horn)
Cliff Williams(sax,clnt)
Jack Griffiths(b)
John Parkerd(ds)

Produced by Rodger Bain


収録曲目
1.Look Upon Me
2.Winds Of Change
3.Bend For A Friend
4.1066
5.Wet Legs
6.Winter

ページトップへ