カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

RICHARD PINHAS/Rhizosphere(LP) (1977/1st) (リシャール・ピナス/France)

ドイツのビュロー・Bから、限定アナログLPでのリシュー。180g重量ヴィニール使用のLP盤で、18年新規リマスター音源。リシャール・ピナスはパリ出身のギタリストで、ジル・ドゥルーズの下で哲学を学んでいた大学在学中にスキゾを結成、スキゾを母体として発展したエルドンでの活動で何より知られていると思う。現在もソロやメルツバウとの共演等々で精力的に活動を続けているある意味孤高の存在。本作は、77年にフランスのコブラからリリースされたソロ名義ファースト・アルバムで、ラストのタイトル曲にフランソワ・オジェのドラムが入るが、他はピナス1人の即興演奏で、プロデュースはマティエール・クリーズ。ムーグ55とアープ2600を中心に、自分の好きな音色を組み合わせて遊んでいる感じで、エルドン同様のSF的重厚さと暗さに満ち溢れていて、時折鳴り響く哀愁のメロディ的フラグメントもけっこう心地好い。基本的にはシンセ&エレクトロニクスの垂れ流し系というか、ダンサンブルではないシーケンサーやパーカッシヴなドラム空間に、ホワイト・ノイズやスペイシーなフラグメントが飛び交う、エレクトロニクス・ドローン&ミニマル的様相のサウンド。ほとんどギターを弾いておらずエルドン的炸裂も薄いということもあってか、巷での評価は芳しくないようだが、フィリップ・グラスに捧げられたA面3曲目や亜流エルドン的な長尺のB面1曲目辺りも含め、ピナス的終末感やエルドン的ダークネスは十分に担保されている。この冷たいSF感は、例えばクラウス・シュルツェ辺りにも通じる印象で、ダーク・アンビエント系エレクトロニカとして正しくサイケな好盤と思う。EUプレス盤

輸入盤/限定プレス
(Psyche/Electronics,Noise,Ambient / 180g Vinyl LP(2018 Re-master) / Bureau B/German,EU)

RICHARD PINHAS/Rhizosphere(LP) (1977/1st) (リシャール・ピナス/France)

価格:

2,980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

RICHARD PINHAS/Rhizosphere(LP) (1977/1st) (リシャール・ピナス/France)

Richard Pinhas(electronics)
Francois Auger(ds)

Produced by Matiere Crise


収録曲目
Side I:
1.Rhizosphere Sequent
2.A Piece For Duncan
3.Claire P.
4.Trapeze/Interference

Side II:
1.Rhizosphere

ページトップへ