カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SOFT MACHINE/Drop: 180g Red Colour Vinyl LP (1971/Live) (ソフト・マシーン/UK)

ドイツのシレーナ・レコードから、限定アナログLPでのリシュー。180g重量ヴィニール使用のLP盤で、15年新規リマスター音源、レッド・カラー盤。デイヴィッド・アレン、ロバート・ワイアット、ケヴィン・エアーズ、マイク・ラトリッジの4人でスタートしたソフト・マシーンは、ケント州カンタベリーで66年前後に勃興した、いわゆるカンタベリー・ロック・シーンの柱となるグループで、ゴング、ホール・ワールド、マッチング・モウル等の派生バンドと共に、数多のミュージシャン達に影響を与えリスペクトを受け続けるビッグ・ネーム。本作は、71年秋のドイツ・ツアーからの発掘ライヴ音源を収録したもので、08年USAムーンジューンCD盤のLP化盤。メンバーは、ラトリッジ、ヒュー・ホッパー、エルトン・ディーン、フィル・ハワードの4人編成で、ワイアット脱退直後の時期。結果としてフィフスのレコーディング・メンバー達による演奏で、全編に渡ってヘヴィな炸裂を見せる。ともかくもハワードのドラミングがすさまじいというか圧巻で、終始炸裂していてテンションが落ちないのに加え、ホッパーのウネウネ・ベースと殊の外相性がよく、全ラインナップの中で最もヘヴィかつハードな印象。この後リリースされるフィフスと、サード収録ナンバーが中心だが、ラトリッジもディーンも、ハーワードに引っ張られてか非常に激しく弾きまくり&吹きまくっていて、いつになく重厚で濃密なアンサンブルで、ダレることなく最後まで非常にカッコいい。ジャズ寄りのクールさは影を潜めているが、完全にロックの範疇といえる熱い演奏は文句なしで、数多ある発掘ライヴ音源の中でも演奏・音質ともに最上位に位置する素晴らしい1枚。ソフツ愛好家は勿論、ジャズ・ロック愛好家なら素直に楽しめるだろう、要チェックの好ライヴ盤と思う。えらいカッコよし!。EUプレス盤

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/デッドストック入荷
(Progressive/Jazz Rock,Canterbury / 180g Red Colour Vinyl LP(2015 Re-master) / Sireena/German,EU)

SOFT MACHINE/Drop: 180g Red Colour Vinyl LP (1971/Live) (ソフト・マシーン/UK)

価格:

3,180円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

SOFT MACHINE/Drop: 180g Red Colour Vinyl LP (1971/Live) (ソフト・マシーン/UK)

Mike Ratledge(org,el-p)
Elton Dean(sax,el-p)
Hugh Hopper(b)
Phil Howard(ds)

Produced by Unknown


収録曲目
Side A:
1.Neo Caliban Crides
2.All White
3.Slightly All The Time
4.Drop Part1

Side B:
1.Drop Part2
2.M.C.
3.Out-Bloody-Rageous
4.As If
5.Dark Swing
6.Intropigling
7.Pigling Bland

ページトップへ