カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HARRY MILLER/Different Times, Different Places Vol.2 (1977+78+82/Unreleased) (ハリー・ミラー/UK,South Africa)

UKのオグンから、ペーパースリーヴでのリリース。見開き紙ジャケ仕様。ハリー・ミラーは南アフリカのケープタウン出身のベーシストで、センティピード、オヴァリー・ロッジ、アーク等のキース・ティペット関連や、エルトン・ディーンズ・ナインセンス、クリス・マクレガーズ・ブラザーフッド・オブ・ブレスの他、マイク・ウエストブルック、ボブ・ダウンズ、ルイス・モホロ等々での活動で知られていると思う。本作は、77,78,82年の未発表スタジオ音源をコンパイルしたアルバムで、ミラー関連の発掘音源シリーズ「ディファレント・タイムズ、ディファレント・プレイシズ」の第2弾。メンバーは、77年がミラー、ルイス・モホロ、トレヴァー・ワッツ、アラン・ウェイクマン、バーニー・ホランドのクィンテット編成、78年がミラー、モホロ、ワッツ、ウェイクマン、キース・ティペットのクィンテット編成、82年がミラー、モホロ、ワッツ、アラン・トムリンソン、デイヴ・ホールズワースのクィンテット編成。75年のモンゲジ・フェザの急逝を契機として、ミラー、モホロ、マクレガー、デュデュ・プクワナ等の南アフリカ出身ジャズメン達による、南ア時代のザ・ブルー・ノーツ再編の動きが起こり、その流れの中で発生したセッションを集めたもののようだ。全曲ミラーのペンによるナンバーで、勿論インプロが炸裂してはいるが、カッチリと譜面通りと思われる部分もけっこうあって、それなりにリハーサルを経た上でのレコーディング・セッションに聴こえる。いわゆるアフロ・ブリティッシュ・ジャズ的な楽曲を基調に、時折弓弾きも交えながらミラーのウッド・ベースはほぼ弾きまくっていて、モホロのドラム、ホランドのギター、ティペットのピアノも圧巻の炸裂を見せる。全体にハイテンションな演奏を堪能出来る文句なしの好盤と思う。

輸入盤
(Progressive/Jazz,Afro-British Jazz / Paper-Sleeve CD(2016) / Ogun/UK)

HARRY MILLER/Different Times, Different Places Vol.2 (1977+78+82/Unreleased) (ハリー・ミラー/UK,South Africa)

価格:

2,680円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

HARRY MILLER/Different Times, Different Places Vol.2 (1977+78+82/Unreleased) (ハリー・ミラー/UK,South Africa)

Harry Miller(b)all
Louis Moholo-Moholo(ds)all
Trevor Watts(sax)all
Bernie Holland(g)77
Keith Tippett(p)78
Alan Wakeman(sax)77/78
Alan Tomlinson(tb)82
Dave Holdsworth(tp)82

Produced by Hazel Miller


収録曲目
1.Orange Grove (December 1977)
2.Miss Liz (August 1978)
3.Thr Magician (August 1978)
4.Door Key (August 1978)
5.Down South (September 1982)
6.Ikaya (September 1982)
7.Mofolo (September 1982)

ページトップへ