カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

OSIBISA/Same (1971/1st) (オシビサ/West Africa,UK)

ドイツ/UKのレパートリーから、08年新規リマスター&限定ペーパースリーヴでのリシュー。見開き紙ジャケ仕様で、音質はクリアで迫力もあって非常によい。オシビサは、ガーナやナイジェリアの西アフリカやカリブ海の西インド諸島などの、旧イギリス植民地国出身の黒人ミュージシャン達によって69年にロンドンで結成されたグループで、ブルース、ファンク、アフリカン・エスニック色がミックスされた、独特のグルーヴ感を放つアフロ・ジャズ・ロックを展開した。本作は、71年にUKのMCAからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ウェンデル・リチャードソン、ロバート・ベイリー、テディ・オセイ、スパルタカス・R、ソル・アマルフィオ、マック・トント、ローティ・アマオの7人編成、プロデュースはトニー・ヴィスコンティ、スリーヴ・デザインはロジャー・ディーン。いわゆるブリティッシュ・アフロ・ジャズ・ロックの中では、最も知名度のあるバンドの1つと思うが、リチャードソンのブルージーなギターを中心に、分厚いブラス隊とパーカスも交えた太く跳ねるリズム隊が交叉する演奏は、独特の濃さとヨレがあってわりと素直にカッコいい。楽曲は前述の通りゴッタ煮感十分で、ブリティッシュ/アフロ感という意味では、例えばクリス・マクレガーズ・ブラザーフッド・オブ・ブレスやアサガイ辺りにも共通項は感じられるが、アフロ的リズムやスピリチュアル感の強さは、むしろデーモン・ファズやスウェガス、ボブ・テンチのガス辺りに近似する部分が多いかも知れない。この素敵なスリーヴも含め、ともかくもこのアフロ民族音楽色とジャズ・ロックの折衷は面白く、チェックしてみてもいいと思う。

輸入盤/限定プレス/デッドストック入荷
(Progressive/Afro Jazz Rock,Blues / Paper-Sleeve CD(2008 Re-master) / Repertoire Records/German,UK)

OSIBISA/Same (1971/1st) (オシビサ/West Africa,UK)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

OSIBISA/Same (1971/1st) (オシビサ/West Africa,UK)

Wendell Richardson(g,vo)
Teddy Osei(sax,fl,per,vo)
Spartacus R(b)
Sol Amarfio(ds)
Mac Tontoh(tp,f-horn,kabasa)
Loughty l.Amao(sax,per)
Robert Bailey(org,p,per)

Producerd by Tony Visconti


収録曲目
1.The Dawn
2.Music For Gong Gong
3.Ayiko Bia
4.Akwaaba
5.Oranges
6.Phallus C
7.Think About The People

ページトップへ