カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

TOAD/Same (1971/1st) (トード/Switz)

ドイツのニュー・ミュージック/グリーン・トゥリーから、71年のアルバム未収シングル両面2曲と、69年の未発表バーセル音源2曲の計4曲をボーナスで加えての、17年新規リマスター&3面デジパックでのリシュー。トードは、一時ホークウインドに在籍していたこともあるらしいヴィットリオ・ヴェルガートが、ブレインチケットのファーストのリズム隊だったヴェルナー・フレーリッヒとコジモ・ランピス、英語の達者なベニー・イェガーを誘って、70年にスイスのバーゼル(ドイツ語圏)で結成したグループ。本作は、71年にスイスのハレルヤからリリースされたファースト・アルバム(ドイツのベラフォン盤、UKのRCA盤もある)で、メンバーは上記のヴェルガート、フレーリッヒ、ランピス、イェガーの4人編成、エンジニアはマーティン・バーチ、プロデュースはクリス・シュヴェーグラー。何より、ヴィットリオの炸裂&弾きまくりブルージー・ギターと、ブイブイとドライヴする上手いリズム隊のマッチングが絶妙で、ゴリゴリ&ドカスカの勢いのよい演奏を堪能出来る。1曲目のブレインチケットのカヴァー(ほとんど原形は留めてない)も含め、少しハスキーだがパワフルな英詞シャウト・ボーカルがハマっていて、ハイテンションで盛り上がりっぱなしの疾走感は申し分ない。サイケなギラギラ感&下品さも十分で、ともかくも演奏が上手く、炸裂型ブルース・ハード系として理屈抜きにカッコいい。およそハード・ロック愛好家なら文句なしに楽しめるだろう、バカテク方面のジャーマン・ハード最高峰の1つと思う。ボーナス群も素直によかった。素晴らしい!。EUプレス盤

輸入盤
(Blues Hard/Blues,Psyche,Progressive / Digi-Pack CD(2017 Re-master) / New Music/Green Tree/German,EU)

TOAD/Same (1971/1st) (トード/Switz)

価格:

2,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

TOAD/Same (1971/1st) (トード/Switz)

Benj Jaeger(vo)
Vittorio Vergeat(g,vo,p)
Werner Froehlich(b,vo)
Cosimo Lampis(ds,per,vo)

Produced by Chris Schwegler


収録曲目
01.Cotton Wood Hill
02.A Life That Ain't Worth Living
03.Tank
04.They Say I'm Mad
05.Life Goes On
06.Pig's Walk
07.The One I Mean

bonus track:
08.Stay (1971 single)
09.Animals World (1971 single)
10.B.U.F.O. (1969 Feb Basel)
11.Stay (1969 Feb Basel)

ページトップへ