カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NOVEMBER/2:a(終末への旅路) (1971/2nd) (ノヴェンバー/Sweden)

国内のアルカンジェロから、20年新規リマスター&限定ペーパー・スリーヴでのリシュー。見開き紙ジャケ仕様、ライナーは祖父尼淳。ノヴェンバーはストックホルム出身のグループで、クリステル・ストールブラント(ex.サーガ,etc)、ビョルン・インニェ、スノーウィー・ホワイト(ex.ピンク・フロイド,ロジャー・ウォーターズ,シン・リジィ,etc)等が在籍していたトレインを母体として、69年にイギリスに帰国したホワイトに代わってリヒャルト・ロルフが加入する形で結成されている。日本の巷では、おそらく最も知名度のあるスウェーデンのハード・ロック系バンドの1つ。本作は、71年にスウェーデンのソネットからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーはファーストと同じロルフ、ストールブラント、インニェのトリオ編成を基本に、曲によってシルヴィア・オリーン、プロデュース兼任のイェオリ・ヴァーデニウス(ex.メイド・イン・スウェーデン,etc)が適時ゲスト参加。概ね、ブルージー・ハード路線を軸としたサウンドに変化はなく、粘っこい北欧的リズム感覚が炸裂するハード・ナンバー群は、相変わらず素直にカッコいい。ピアノやオルガンを絡めて、多少なりともジャジーな展開を見せるプログレ的ナンバーも含め、前作に比べよりライヴ感の強いラウドなサウンド・メイキングが施されている印象で、全体にドカスカなヘヴィネスを堪能出来る。ブラインド・フェイスのスウェーデン公演の際に、クラプトンがロルフのギターを絶賛したとか(本当か?)、当時ロルフはモテモテで母親の違う子供が何人もいたなどなど、特にロルフは色々とエピソードのある美青年で、彼のキレ味のよいギターは申し分なくカッコいいが、ともかくもこのバンドの要は、粘っこくてノリのよいリズム隊ではと思う。

アルカンジェロ盤
(Blues Hard/Heavy Blues,Progressive,Psyche / Paper-Sleeve CD(2020 Re-master) / Arcangelo/Japan)

NOVEMBER/2:a(終末への旅路) (1971/2nd) (ノヴェンバー/Sweden)

価格:

3,300円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

NOVEMBER/2:a(終末への旅路) (1971/2nd) (ノヴェンバー/Sweden)

Richard Rolf(g)
Christer Stalbrant(b,vo)
Bjorn Inge(ds,vo)
Sylvia Olin(p)
Georg Wadenius(p,org)

Producerd by Georg Wadenius


収録曲目
01.Sista Resan/終末への旅路
02.Men Mitt Hjarta Ska Vara Gjort Av Sten/剛腸石心
03.Asthamahgurchk-Den Fjottegangere/アスタマグルシュク - フィッテガンゲレ
04.Mina Fotspar Fylls Av Vatten/水に満ちた足跡
05.En Lang Dag Ar Over/長き日の終わりに
06.Mouchkta(Drommen Om Malin)/モーチクタ (マリンの夢)
07.Pa Vag/オン・ザ・ロード
08.Ganska Langt Fran Sergel/セルゲルから遠く離れて
09.Och Sa En Morgon.../そして、ある朝...
10.En Ny Tid Ar Har/新時代の到来

ページトップへ