カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

LUCIFER'S FRIEND/Black Moon (2019/11th) (ルシファーズ・フレンド/German)

UKのルシファーズ・レコード/チェリーレッドからのリリース。ルシファーズ・フレンドは、ハンブルク出身のアステリックスを母体として70年に結成されたグループで、スコーピオンズやキン・ピン・メイ、フランピィ等とともにジャーマン・ハード系の中では知名度のある存在。何より、ジョン・ロートンがユーライア・ヒープに加入したことで知られていると思う。本作は、19年にリリースされた再編セカンド・アルバムで、スタジオ作品としては11枚目の作品。メンバーは、ジョン・ロートン、ペーター・ヘスライン、ディーター・ホーンズ、ステファン・エッゲルトの4人編成を基本に、曲によって前作のメンバーだったヨギ・ヴィヒマン、パブロ・エスカホラの他、チャック・フィンドリー、ステファン・ピンター等がゲスト参加、プロデュースはジーモン・ヘスライン(ペーターの息子か?)。概ね、16年の前作「トゥー・レイト・トゥ・ヘイト」の延長線上にある、当世風のサウンドとオールド・ファッションなセンスが交叉するハード・ロックを展開。ロートンの伸びやかなボーカルはまずまずは健在というか、70年代のロニー・ジェイムス・デュオやデヴィッド・カヴァデール辺りに近似する、往年のハード・ロック・スタイルのシンギングは懐かしくもあって、ヘクトの太いベースも安定してハマりがよい。ヘスラインは、ギターの他に若干の&キーボードと全ての作曲・アレンジも担当していて、トランペットやヴァイオリンを交えたポップネスやプログレ色と、従来のハードネスとのバランス取りにある意味失敗している感じで、そこが相変わらずルシファーズらしさ十分という印象。ともかくも、B級感満点のリフやフレーズを軸とした重厚な演奏は素直にカッコよく、ハード・ロック愛好家なら普通に楽しめると思う。

輸入盤
(Blues Hard/Blues,Progressive / Jewel-case CD(2019) / Lucifer's Record/UK,EU)

LUCIFER'S FRIEND/Black Moon (2019/11th) (ルシファーズ・フレンド/German)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

LUCIFER'S FRIEND/Black Moon (2019/11th) (ルシファーズ・フレンド/German)

John Lawton(vo)
Peter Hesslein(g,kbd)
Dieter Horns(b)
Stephan Eggert(ds)
Chuck Findley(tp)
Stefan Pinter(vln)
Jogi Wichmann(syn)
Pablo Escajola(conga)

Producerd by Simon Hesslein


収録曲目
01.Black Moon
02.Passengers
03.Rolling The Stone
04.Behind The Smile
05.Palace Of Fools
06.Call The Captain
07.Little Man
08.Freedom
09.Taking It To The Edge
10.Glory Days

ページトップへ