カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

AUNT MARY/Loaded(ローデッド) (1972/2nd) (アーント・マリー/Norway)

国内のアルカンジェロから、限定ペーパースリーヴでのリシュー。変形くり抜き紙ジャケ仕様、20年新規リマスター盤、オリジナル・インナーバッグ、折込ポスター、ステッカー付。アーント・マリーは、ノルウェーのオスロ近郊のエストフォル地方出身のグループで、ヤーン・グロートとビョルン・クリスティアンセンが中心となって69年に結成された。本作は、72年にノルウェーのフィリップスからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作からのクリスティアンセン、スヴェン・グンデルセン、シェティル・ステンスヴィクの3人に、新たにベングト・イェンシェーンを加えた4人編成、プロデュースはヨニー・サレウセン。このバンド、アルバムによってはプログレ・ハード的アプローチの作品もあるが、本作は多少のプログレ色を担保しつつもかなりストレートにカッコいいB級ハード系サウンドを展開していて、ブルージーで下品なギター、ドライヴ感のあるハモンド・オルガン、クッキリとした英詞ボーカル、ラウド&ヘヴィで勢いのよいリズム隊が、一体となってゴリゴリと押して来る。全体にハード・ロック然としたヘヴィネスがあって、プログレ色のあるリフやフレーズを、ハード・ロックのマナーで演奏するタイプで、ドカスカでギラギラ感のある炸裂タイプの演奏は素直にカッコよく、適度なキャッチーさも含め上手くてツボもよくわかっている印象。ノーヴェンバーやヤング・フラワーズ辺りに通底する、いわゆる北欧的な粘っこさとブリティッシュ的ブルース&サイケ感が同居した典型的な北欧ハード系として、ハード・ロック愛好家ならまず持って楽しめるだろう好盤と思う。カッコよし!。

アルカンジェロ盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Blues Hard/Psyche,Progressive / Paper-Sleeve CD(2020 Re-master) / Arcangelo/Japan)

AUNT MARY/Loaded(ローデッド) (1972/2nd) (アーント・マリー/Norway)

価格:

3,520円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

AUNT MARY/Loaded(ローデッド) (1972/2nd) (アーント・マリー/Norway) AUNT MARY/Loaded(ローデッド) (1972/2nd) (アーント・マリー/Norway)

Bjorn Christiansen(g,vo)
Bengt Jenssen(organ)
Sven Gundersen(b,vo)
Kjetil Stensvik(ds)

Producerd by Johnny Sareusen


収録曲目
1.Playthings Of The Wind/風のおもちゃ
2.Joinn' The Ground/大衆に溶け込んで
3.Delight/歓喜
4.Upside Down/アップサイド・ダウン
5.Farewell My Friend Part1/さらば我が友よ パート1
6.Farewell My Friend Part2/さらば我が友よ パート2
7.Blowin' Tiffany/ブローイン・ティファニー
8.Fire Of My Lifetime/私の人生における情熱
9.G Flat Road/ジー・フラット・ロード

ページトップへ