カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

GRYPHON/Treason (1977/5th) (グリフォン/UK)

UKのトーキング・エレファントからのリシュー。特にリマスター表記はないが、音質はクリアでよい。グリフォンは、英王立音楽大学の学生だったリチャード・ハーヴェイとブライアン・ガランドの2人が結成していた、ルネサンス期の中世古楽とブリティッシュ・トラッドをミックスさせたようなサウンドのデュオ・ユニットに、グレアム・テイラーとデヴィッド・オベラールが加わる形で72年に結成されたグループで、中世古楽、トラッド、フォーク、バロック期クラシックなどの要素をプログレで括った、ちょっと独特のサウンドを展開したユニークなグループ。本作は、77年にUKハーヴェストからリリースされたフィフス・アルバムで、メンバーは前作からのリチャード・ハーヴェイ、ブライアン・ガランド、デヴィッド・オベラールの3人に、新たにボブ・フォスター、ジョナサン・デイヴィー、アレックス・ベアードを加えた6人編成、プロデュースはマイク・スローン。ここにきて初期のトラッド色はほとんど影が薄くなっていて、非常に洗練されたテクニカル・シンフォニック・プログレと呼べるサウンドを展開。かなり難しい変拍子リフを多用し、畳み掛けるように次々と繰り出される様は圧巻で、例えばイエスに木管リード楽器を入れてハード・ロック色を除いたようなサウンドという感じ。全体に適度にキャッチーで耳触りはよいが、楽曲とアレンジが複雑かつテクニカルで分りやすくはなく、キャッチーなのにそれ程ポップな印象になっておらず、その意味では不思議な感じのアルバム。実はけっこう濃密な、シンフォニック・プログレの好盤かも知れない。

輸入盤/デッドストック入荷
(Folky Progressive/Folk Rock,Symphonic / Jewel-case CD(2009) / Talking Elephant/UK)

GRYPHON/Treason (1977/5th) (グリフォン/UK)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

GRYPHON/Treason (1977/5th) (グリフォン/UK)

Richard Harvay(kbd,rcdr,sax)
Brian Gulland(bassoon,e-horn,rcdr,vo)
Dave Oberle(vo,per)
Bob Foster(g,vo)
Jonathan Davie(b)
Alex Baird(ds)

Produced by Mike Thorne


収録曲目
1.Spring Song
2.Round And Round
3.Flash In The Pantry
4.Falero Lady
5.Snakes And Ladders
6.Fall Of The Leaf
7.Major Disaster

ページトップへ