カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

LESLEY DUNCAN/Maybe It's Lost(メイビー・イッツ・ロスト) (1977/5th) (レズリー・ダンカン/UK)

国内のセレストから、16年リマスターでのリシュー。多分初CD化。レズリー・ダンカンはダラム州ストックトン・オン・ティーズ出身の女性シンガー・ソング・ライター(SSW)で、63年にシングル・デビュー以降中堅シンガーとして活動していたが、10枚目のシングル「ラヴ・ソング」をエルトン・ジョンが気に入り、2人のデュエット・ヴァージョンがシングル・ヒットしたことで一躍知られる存在となった(後にデヴィッド・ボウイやオリビア・ニュートン・ジョンもカヴァー)。77年までに5枚のアルバムをリリースして引退するが、ピンク・フロイドの「狂気」やアラン・パーソンズ・プロジェクトの「イヴ」を始めとして、数多のアーティストのアルバムにもバック・ボーカリストとして参加している。本作は、77年にUKのGMレコードからリリースされたフィフス・アルバムで、邦題は「メイビー・イッツ・ロスト」。ブックレットには歌詞が掲載されているが解説はなく、レズリーのプライヴェート・スナップ写真が1枚封入されている。クレジット・メンバーは、レズリー、旦那さんのジミー・ホロヴィッツ、クリス・スペディング(ex.バタード・オーナメンツ,ニュークリアス,シャークス,etc)、ロバート・アーワイ(ex.ハミングバード,スノーウィー・ホワイト,etc)、ニコ・ラムスデン(ex.ビザンティウム,マイク・オールドフィールド,etc)、ボビー・キーズ(ex.ローリング・ストーンズ)、ピート・デニス、グレン・ルフルール等々、ストリングスはデヴィッド・カッツ、アレンジとプロデュースはホロヴィッツ。ブルー・アイド・ソウル系の洗練されたポップネスと、田舎っぽさと優しさがいい塩梅で同居する楽曲とメロディ、くぐもり感のあるボーカルがよいマッチングを見せる好盤と思う。この柔らかいサウンドは、ともかくも心地好い。

セレスト盤
(Folk&Folk Rock/SSW,Soul,Folk,Pops / Jewel-case CD(2016 Re-master) / Celeste/Japan)

LESLEY DUNCAN/Maybe It's Lost(メイビー・イッツ・ロスト) (1977/5th) (レズリー・ダンカン/UK)

価格:

2,484円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

LESLEY DUNCAN/Maybe It's Lost(メイビー・イッツ・ロスト) (1977/5th) (レズリー・ダンカン/UK)

Lesley Duncan(vo)
Jimmy Horowitz(kbd)
Chris Spedding(g)
Robert Ahwai(g)
Nico Ramsden(g)
Alan Murphy(g)
Jim Ryan(g)
Bobby Keys(sax)
Pete Dennis(b)
Glen Lefleur(ds,per)
Laurie Anderson(vo)
Madeline Bell(vo)
John Perry(vo)

Strings by David Katz

Produced by Jimmy Horowitz


収録曲目
01.The Sky's On Fire
02.Maybe It's Lost
03.Slipping Sideways
04.Living It All Again
05.Another Rainy Day
06.Ride On The Wind
07.Let It Roll
08.Walk In The Sea
09.Falling Like A Leaf
10.Don't Worry 'Bout It
11.Drift Away

ページトップへ