カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

QUIET SUN/Mainstream(メインストリーム) (1975/only) (クワイエット・サン/UK)

国内のベル・アンティーク/マーキーから、デモやアウトテイク音源、インタビュー等計5曲をボーナス(11年UKエクスプレッション盤と同じ)で加えての、SHM-CD&19年新規リマスター、限定ペーパースリーヴでのリシュー。紙ジャケ仕様で、オリジナル・インナーバッグ入、歌詞・対訳付。クワイエット・サンは、70年に当時大学生だったフィル・マンザネラ、ビル・マコーミック、チャールズ・ヘイワード等が中心となって結成されたグループで、よくソフト・マシーンの練習スタジオに遊びに行っていたらしいが、72年にマンザネラがロキシー・ミュージックへ、マコーミックがマッチング・モールへ加入の為一旦解散する。75年のマンザネラのファースト・ソロ「ダイアモンド・ヘッド」のレコーディング期に、経緯は不明だが復活し、UKアイランド傘下のヘルプから唯一のアルバムとなる本作をリリースした。メンバーは、マンザネラ、マコーミック、ヘイワード、デイヴ・ジャレットの4人編成が基本で、曲によってイーノとイアン・マコーミックがゲスト参加。イーノも含め、前述の「ダイアモンド・ヘッド」にも全員参加していて(一部曲も重複している)、マンザネラとイーノを中心に語られることが多く、確かにマンザネラのギターが軸の1つには違いない。ところがしかし、演奏の核となっているのは寧ろヘイワードのドラム&音響色とマコーミックのベースという印象で、ソフト・マシーン的ミニマル感を多用するジャレットのエレピもかなり侮れない。インプロを交えた濃密な演奏で展開される、この重くて暗い鋭角なジャズ・ロック感と濃密なプログレ感、サイケなエレクトロニクス的要素の融合は、正しくサイケで素直にカッコいい。この時期のカンタベリー系としては異端かも知れないが、演奏性の高さとセンスのよさを併せ持つ文句なしの好盤と思う。この後ヘイワードはディス・ヒート、マンザネラ、マコーミック、イーノは801結成へ。カッコよし!。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

マーキー盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Progressive/Jazz Rock,Psyche,Canterbury / Paper-Sleeve SHM-CD(2019 Re-master) / Belle Antique/Japan)

QUIET SUN/Mainstream(メインストリーム) (1975/only) (クワイエット・サン/UK)

価格:

3,024円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

QUIET SUN/Mainstream(メインストリーム) (1975/only) (クワイエット・サン/UK)

Charles Hayward(ds,per,kbd,vo)
Phil Manzanera(g,el-p)
Dave Jarrett(kbd,syn)
Bill MacCormick(b)
Eno(syn)
Ian MacCormick(vo)

Producerd by Quiet Sun


収録曲目
01.Sol Caliente/ソル・カリエンテ
02.Trumpets With Motherhood/トランペッツ・ウィズ・マザーフード
03.Bargain Classics/バーゲン・クラシックス
04.R.F.D
05.Mummy Was An Asteroid, Daddy Was A Small Non-Stick Kitchen Utensil/マミーはヒトデ、ダディは小さな焦げ付き防止台所用品
06.Trot/トロット
07.Rongwrong/ロングロング

bonus track:
08.Years Of Quite Sun/イヤー・オブ・クワイエット・サン (original demo)
09.Trot/トロット (original demo)
10.R.F.D (Warner Bros demo)
11.R.F.D. Part1 (Mainstream session)
12.Talking History/トーキング・ヒストリー (Interview)

ページトップへ