カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

CHARLEE/Same (1972/only) (チャーリー/Canada)

ドイツのTRC傘下のバイ・オア・ダイからのリシュー。チャーリーは、インフリューエンスとルーク&ザ・アポストレスの2つのバンドのメンバー達が中心となって、メンバーが流動的な状態のまま71年にモントリオールで結成されたグループで、何よりウォルター・ロッシが在籍していたことで知られていると思う。本作は、72年にカナダRCAからリリースされた唯一のアルバムで、メンバーは、ギター&ボーカルのロッシを軸に、曲によってベースがジャック・ジェイシンガー、プラケシュ・ジョン、マーク・スミス、ハリー・マークス、ドラムがマイク・ドリスクロー、バリー・ケーンによるトリオ編成、プロデュースはヒリー・レオポルド。端的にジミヘン・フォロワーなロッシのブルージー・ギターを中心とした、ストレートに炸裂するギラギラ系ブルース・ハードを展開。ロッシのギタープレイは、例えば同じカナダ人のフランク・マリノあたりと比べてよりワウを多用するスタイルで、その意味ではわりとサイケ色も強く顕れている印象があって、ラウドでB級感が強くスカっとした炸裂を堪能出来る。ともかくも、いかにもトリオらしいドカスカ&ブイブイのリズム隊に乗せて、野太い弾きまくりギターが炸裂する演奏は痛快で、楽曲もハード・ロック然としたカッコよさ十分。ハード・ロック愛好家なら、まずもって楽しめるだろう好盤と思う。それにしても、カナダにジミヘン・フォロワーが多いのは何か理由があるのだろうか?。この後、ロッシはムーンクエイクを経てソロ活動へ。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues Hard/Heavy Blues,Psyche / Jewel-case CD(1995) / Buy Or Die/German)

CHARLEE/Same (1972/only) (チャーリー/Canada)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

CHARLEE/Same (1972/only) (チャーリー/Canada)

Walter Rossi(g,vo,b)
Mike Driscloo(ds)
Barry Keane(ds)
Jack Geisinger(b)
Prakash John(b)
Mark Smith(b)
Harry Marks(b)

Produced by Hilly Leopold


収録曲目
1.Wizzard
2.Lord Knows I've Won
3.Just You And me
4.A Way To Die
5.Let's Keep Silent
6.Wheel Of Fortune Turning
7.It Isn't The First Time
8.Let's Keep Silent(Reprise)

ページトップへ