カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

THREE MAN ARMY/Same + Two (1973+74/2+3th) (スリー・マン・アーミー/UK)

UKのBGOから、73年のセカンド「スリー・マン・アーミー」と74年のサード「トゥー」の2枚のアルバム全曲に、73年のアルバム未収シングルB面1曲をボーナスで加えての、16年新規リマスター&2in1CDでのリシュー。スリー・マン・アーミーは、元ガンのエイドリアン(バディ・マイルス・バンド経由)とポール(パリッシュ&ガーヴィッツ経由)のガーヴィッツ兄弟が、元スプーキー・トゥースのマイク・ケリーと71年に新たに結成したグループ。何故セカンドなのに「セイム・タイトル」、サードなのに「トゥー」かというと、71年にファーストをリリース後、73年にケリーがスプーキーに出戻ったため一旦解散するが、すぐにトニー・ニューマン(ex.ジェフ・ベック・グループ,メイ・ブリッツ,ボクサー,etc)が加入して再始動、セカンドを新たなトリオのファースト・アルバムと位置づけて「セイム・タイトル」とし、サードは新トリオの2作目という見立てらしい。メンバーは、ガーヴィッツ兄弟+ニューマンのトリオ編成が基本で、サードには曲によってピート・ロビンソン(ex.クォーターマス,ブランドX,etc)がゲスト参加、プロデュースはセカンドがルー・ライズナーとエイドリアンの共同、サードがバンド。2作品とも、基本的にはキャッチー&ファンキーなドライヴィン・ハード路線で、ハード&キャッチーなリフと、テンションの高い勢いのある演奏が素直にカッコいいタイプ。ニューマンの疾走ドラムを得て、ガーヴィッツ兄弟もドライヴしまくっているが、特にサードではエイドリアンのギターがかなり圧巻の弾きまくり感を放っていて、トリオが一体となって炸裂する様は非常に壮快。聴きやすさと勢いのよさでは全3作中1番かも知れず、ともかくも文句なしの好盤と思う。

輸入盤
(Blues Hard/Heavy Blues,Psyche,Pop / Jewel-case CD(2016 Re-master) / BGO/UK)

THREE MAN ARMY/Same + Two (1973+74/2+3th) (スリー・マン・アーミー/UK)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

THREE MAN ARMY/Same + Two (1973+74/2+3th) (スリー・マン・アーミー/UK)

Adrian Gurvitz(vo,g,org)
Paul Gurvitz(b,vo)
Tony Newman(ds)
Pete Robinson(kbd)3

Producerd by Lou Reizner & Adrian Gurvits(2), Three Man Army(3)


収録曲目
"Three Man Army (1973/2nd)":
THREE MAN ARMY/Same (1973/2nd) (スリー・マン・アーミー/UK)

01.My Yiddishe Mamma
02.Hold On
03.Come Down To Earth
04.Take Me Down From The Mountain
05.Woman
06.Mahesia
07.Take A Look At The Light
08.Can I Leave The Summer
09.The Trip

"Two (1974/3rd)":
THREE MAN ARMY/Two (1974/3rd) (スリー・マン・アーミー/UK)

10.Polecat Woman
11.Today
12.Flying
13.Space Is The Place
14.Irwing
15.I Can't Make The Blind
16.Burning Angel
17.In My Eyes

bonus track(1973 single):
18.Schoolgirl Queen

ページトップへ