カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JODO/Guts (1971/only) (ジョド/UK,USA)

ドイツのライオン・ミュージックから、デジパックでのリシュー。ジョドはメンバー・クレジットのない正体不明のグループで、本作は71年にUSAデッカからリリースされた唯一のアルバムと思われる。当時アメリカ盤のみがリリースされていたが、デレク・ローレンスがプロデュースでマーティン・バーチがエンジニアを務め、ロンドンでレコーディングされていて、どうやらメンバー本人達もイギリス人のようだ。メンバーに関しては諸説あるようだが、最新の説によると、アール・ジョーダン、ジョン・テイラー、ロッド・アレキサンダー、ウィリアム・キンバーの4人編成。ローレンスとバーチの組み合わせとツイン・ギター編成は、初期ウィッシュボーン・アッシュと同じだが、サウンド自体は同じような事情を持つオラン・ウータンに近い印象で、わりと素直にカッコいいB級ブルージー・ハードを展開。ザクザクとした達者なツイン・ギターと、ヘヴィなリズム隊による演奏は安定して上手く、楽曲は適度にキャッチーで、シャウト・ボーカルはピート・フレンチを彷彿させる部分もあり。曲によってピアノも入るが、基本的な核はあくまで流暢な2本のギターで、ともかくも全体に濃密で上等。ロック然とした真っ当な演奏、いい塩梅のキャッチーさの楽曲、シンプルで的を射たアレンジ、サイケの残滓を引き摺った派手過ぎずアングラ過ぎずの空気感などなど、ともかくも非常にバランスのよいサウンド。ほとんど知名度はないかも知れないが、ハード&ブルース・ロック愛好家なら文句なしに楽しめるだろう、掘出し物的好盤と思う。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues Hard/Heavy Blues,Psyche / Digi-Pack CD(2007) / Lion Music/German)

JODO/Guts (1971/only) (ジョド/UK,USA)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

JODO/Guts (1971/only) (ジョド/UK,USA)

Earl Jordan(g,vo)
Jon Taylor(g)
Rod Alexander(b,kbd,vo)
William E. Kimber(ds,per)

Producerd by Derek Lawrence


収録曲目
01.Nightmare
02.One Night Stand
03.I'm Still Trying
04.What's Your Number
05.Rat Race
06.Seventeen
07.Wish You'd Never Been Born
08.It's No Good
09.Pushing
10.There's Still Time

ページトップへ