カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

GRAVY TRAIN/Second Birth (1973/3rd) (グレヴィー・トレイン/UK)

スウェーデンのフラウド・ジェムスから、74年(9,10曲目)と75年(11,12曲目)のアルバム未収シングル&シングル・バージョン4曲をボーナスで加えてのリシュー。グレヴィー・トレインは、ノーマン・バレットが中心となって69年にランカシャー州セント・ヘレンズで結成されたグループで、マンチェスターとリヴァプールを拠点に活動していたが程なくロンドンに移住し、ニュー・ロックの若いグループを探していたヴァーティゴと契約した。本作は、73年にUKドーンからリリースされたサード・アルバムで、メンバーは、ノーマン・バレット、ジョージ・リノン、J.D.ヒューズ、レス・ウィリアムス、バリー・ダベンポートの5人編成が基本だが、レコーディング中にダベンポートが脱退していて、半分以上はラッセル・コールドウェルがドラムを叩いている。プロデュースはジョナサン・ピール。前作までのヴァーティゴ時代のB級ジャジー・ハード路線を継承しつつも、アコースティック・ギターとフルートを使ったウエスト・コースト調のフォーク・ロック・ナンバーも増えていて、けっこう涼しげで爽やかさも加味されている。とは云え、下品なギターと太いボーカル、サックスを中心とした寸止めハード・ナンバーも健在で、従来のB級路線と次作で花開く洗練路線が交叉しており、その煮え切らなさはいかにもブリティッシュ的で味わい深い。演奏はそれなりに上手いのだが、相変わらずイモっぽさ満点でB級にカッコよく、妙にメロディアスな抒情的ハード・ロックとして、ブリティッシュ・ハード愛好家なら十分に楽しめるだろう好盤。余談だが、『グレヴィー・トレイン』とは『楽して金を儲ける』という意味の慣用句で、『肉汁列車』ではない。

輸入盤
(Blues Hard/Progressive,Psyche / Jewel-case CD(2013) / Flawed Gems/Sweden)

GRAVY TRAIN/Second Birth (1973/3rd) (グレヴィー・トレイン/UK)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

GRAVY TRAIN/Second Birth (1973/3rd) (グレヴィー・トレイン/UK)

Norman Barrett(vo,g)
George Lynon(g)
J.D.Hughes(kbd,fl,sax)
Les Williams(b)
Barry Davenport(ds)
Russell Cordwell(ds)
Peter Solley(syn)bns
Jim Frank(ds)bns
George White(b)bns
John Kenyon(ds)bns

Producerd by Jonathan Peel


収録曲目
01.Morning Coming
02.Peter
03.September Morning News
04.Motorway
05.Fields And Factories
06.Strength Of A Dream
07.Tolpuddle Episode
08.Second Birth

bonus track(1974, 1975 single):
09.Starbright Starlight
10.Good Time Thing
11.Climb Aboard The Gravy Train
12.Sanctuary

ページトップへ