カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

THE UNTHANKS/Diversions Vol.1: The Songs Of Robert Wyatt And Antony & The Johnsons (2011/2nd) (ジ・オンタンクス/UK)

UKのラフ・トレード・ミュージックから、3面開きデジパックでのリリース。ジ・オンタンクスは、ニューカッスル・アポン・タイン近郊ライトン出身のレイチェル&ベッキー・オンタンク姉妹が、レイチェルの旦那さんのエイドリアン・マクナリーと04年に結成したレイチェル・オンタンク&ウインターセットを母体として、2枚のアルバムをリリース後09年に改名したグループ。本作は、11年にリリースされたジ・オンタンクス名義セカンド・アルバムで、タイトル通りロバート・ワイアットとアントニー&ザ・ジョンソンズのカヴァー集だが、10年12月8,9日にロンドンのユニオン・チャペルで行われたライヴ音源。メンバーは、レイチェル、ベッキー、マクナリー、クリス・プライス、ニオファ・キーガンの5人を軸に、ジョニー・カーニー、ディーン・リヴェラ、ロス・スティーブン、ベッカ・スペンサー、ジョー・シルヴァーストン、リジー・ジョーンズが適時参加、ストリングス・アレンジはキーガン等々、プロデュースはマクナリー。アントニー&ザ・ジョンソンズ6曲、ワイアット9曲で、ボーカルのメイン・アクト感を担保しつつも、プログレ的室内楽アンサンブルが淡い郷愁感とくぐもり感に収束。オンタンク姉妹の甘いウィスパー・シンギングと、アシッド・フォーク調の浮遊感、チェンバー・ミュージック調のエレガントさの交叉が、ゆったりしたまったり感を生んでいて、ともかくも流していて非常に心地好い。ワイアットのエッセンスを凝縮したカヴァー集としても非常に秀逸で、正しくサイケで文句なしの好盤と思う。素晴らしい!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Acid Folk/Folk,Chamber,Progressive / Digi-Pack CD(2011) / Rough Trade Music/UK)

THE UNTHANKS/Diversions Vol.1: The Songs Of Robert Wyatt And Antony & The Johnsons (2011/2nd) (ジ・オンタンクス/UK)

価格:

2,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

THE UNTHANKS/Diversions Vol.1: The Songs Of Robert Wyatt And Antony & The Johnsons (2011/2nd) (ジ・オンタンクス/UK)

Rachel Unthank(vo,feet)
Becky Unthank(vo,feet)
Adrian McNally(p,ds,hmnm,vo)
Chris Price(b,ds,vo)
Jonny Kearney(p)
Dean Rivera(d-b)
Niopha Keegan(vln,acdn,vo)
Ros Stephen(vln,vo)
Becca Spencer(vla,vo)
Jo Silverston(cello,vo)
Lizzie Jones(tp,vo)

Strings Arranged by Niopha Keegan, Becca Spencer, Jo Silverston, Lizzie Jones

Produced by Adrian McNally


収録曲目
"Songs By Antony & The Johnsons":
01.Bird Gerhl
02.Man Is The Baby
03.You Are My Sister
04.For Today I Am A Boy
05.Paddy's Gone
06.Spiralling

"Songs By Robert Wyatt":
07.Stay Tuned
08.Dondestan
09.Lullaby For Hamza
10.Lisp Service
11.Free Will And Testament
12.Out Of The Blue
13.Cuckoo Madame
14.Sea Song
15.Forest (excerpt)

ページトップへ