カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ASTURIAS/At The Edge Of The World(極光) (2016/8th) (アストゥーリアス/Japan)

大山曜本人のレーベルの、国内のアストゥーリアス・レーベルからのリリース。大山曜は東京都出身のマルチプレイヤー兼コンポーザーで、85年に新月の津田治彦主宰のフォノジェニック・スタジオでスタジオ・ミュージシャンとして活動を始め、88年にソロ・プロジェクトのアストゥーリアスを始動、マイク・オールドフィールド的プログレとして一定の支持を得た。90年代中盤以降は主にゲーム音楽等の仕事でアストゥーリアスは休止状態だったが、04年に「バード・アイ・ビュー」をリリースして復活し、以後は従来の1人多重録音スタイルのアストゥーリアス、室内楽的編成のアコースティック・アストゥーリアス(アコアス)、バンド編成のエレクトリック・アストゥーリアス(エレアス)の3つのタイプを使い分けて活動している。本作は、15年にリリースされたアストゥーリアス名義エイス・アルバムで、タイトルは「極光」。メンバーは、作曲、アレンジ、プロデュース、アコースティック・ギター、エレキ・ギター、ベース、マンドリン、グロッケンシュピール、キーボード、プログラミング等々の大山曜を核に、川越好博、テイ・セナ、平田聡、田辺清貴、筒井香織のエレアス&アコアスの4人の他、上野洋子(ex.ザバダック,アスタリスク,etc)、中島オバヲ、星衛などが参加。15年の前作「欠落」から1年程度という短いタームで、「欠落」で試みた大山のプログラミングと1人多重音源をベースに、ほぼ同じゲスト・メンバー達によるヴァイオリン、クラリネット、リコーダー、ドラム、パーカス、女性コーラス等を適時配置したヘヴィ・シンフォニック・プログレ・インストを展開。スタイルや構成はもちろん、フレーズもわりと初期マイク・オールドフィールド的なものをあえて狙っている印象で、日本のプログレ愛好家にはかなりツボにハマるサウンドかも知れない。

アストゥーリアス盤
(Progressive/Heavy Symphonic,Fusion / Jewel-case CD(2016) / Asturias/Japan)

ASTURIAS/At The Edge Of The World(極光) (2016/8th) (アストゥーリアス/Japan)

価格:

3,024円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ASTURIAS/At The Edge Of The World(極光) (2016/8th) (アストゥーリアス/Japan)

大山曜(ac-g,el-g,b,mdln,kbd,harp,programming,etc)
平田聡(el-g)
川越好博(p)
テイセナ(vln)
星衛(cello)
高島圭介(vln)
筒井香織(clnt,rcdr)
掘子降英(oboe)
田辺清貴(ds)
中島オバヲ(per)
上野洋子(vo)

Producerd by 大山曜


収録曲目
"Part 1/パート1":
01.Atmosphere/大気
02.Clouds/漂雲
03.Wilderness/曠野
04.Abyss/深淵
05.Ordeal/試練

"Part 2/パート2":
06.Memories/懐郷
07.Brilliance/暁光
08.Afterglow/残光
09.Edge Of The World/世界の果て
10.Intention/意志

ページトップへ