カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SEVENTH WAVE/Psi-Fi: Expanded Edition (1975/2nd) (セヴンス・ウエイヴ/UK)

UKのエソテリック・レコーディングスから、75年のシングル・ヴァージョン2曲をボーナスで加えての、18年新規リマスターでのリシュー。セヴンス・ウェイヴは、セカンド・ハンド、チラムを経たケン・エリオットとキーラン・オコナーが、73年にロンドンで新たに結成したグループで、74〜76年に2枚のアルバムと4枚のシングルをリリースして解散した。プログレ系リスナーには、ヒュー・バントン(ex.ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター)絡みのバンドとしても知られているかも知れない。本作は、75年にUKガルからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作からのエリオットとオコナーにプロデューサーのニール・リッチモンドも加えたトリオ編成を基本に、多くの曲でバントンやケンの弟のロブ・エリオット、スティーヴ・クック(ex.CMU,ソフト・マシーン,マイク・ウエストブルック,etc)、ペピ・レマー(ex.ターニング・ポイント,etc)、ブライアン・グールド等々のゲスト参加がある。概ね、前作の延長線上にあるエレポップ・プログレで、詰込まれているアイデアの豊富さやアレンジの濃密さは尋常ではなく、ドラマティックな派手さやインパクトの強さは前作を凌いでいる印象。全ての要素がより拡大しているというか、勿論前作も濃密でカッコいいが、本作のエレポップ系としてのサウンド・メイキングはちょっと圧巻。スリーヴはB級のトホホ感満点だが、5年後のバグルズも追いついていない感のある、この線としては文句なしの大好盤と思う。この後、ケン・エリオットはジョーンズィーに加入し、さらにソロ活動へ。EUプレス盤

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Progressive/Electronics,Psyche,Pops / Jewel-case CD(2018 Re-master) / Esoteric/UK,EU)

SEVENTH WAVE/Psi-Fi: Expanded Edition (1975/2nd) (セヴンス・ウエイヴ/UK)

価格:

2,180円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

SEVENTH WAVE/Psi-Fi: Expanded Edition (1975/2nd) (セヴンス・ウエイヴ/UK)

Ken Elliott(multi-kbd,syn,pedal,per,vo)
Kieran O'Connor(ds,multi-per,vo)
Neil Richmond(console-control)
Rob Elliott(vo)
Pepi Lemer(vo)
Hugh Banton(syn)
Brian Gould(org,strings-syn)
Steve Cook(b)
Tony Utah(per)
Tony Elliott(per,vo)
Chris Amson(sqcr)

Producerd by Neil Richmond


収録曲目
01.Return To Foreverland
02.Roads To Rome
03.Manifestations
04.Loved By You
05.Only The Beginning
06.Aether Anthem
07.Astral Animal
08.El Tooto
09.Camera Obscura
10.Star Palace Of The Sombre Warrior

bonus track(1975 single):
11.Manifestations (single version)
12.Only The Beginning (Part 1)

ページトップへ