カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SPOOKY TOOTH/Berlin Wall(Used CD) (1968-70/Live) (スプーキー・トゥース/UK)

(中古/USED CD):97年の日本コロシアム・レコード盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

スプーキー・トゥースは、カンブリア州カーライル出身のザ・ヴィップスから発展したアートを母体として、マイク・ハリソン、ルーサー・グローヴナー、グレッグ・リドレー、マイク・ケリーのアートの4人に、アメリカ人のゲイリー・ライトが加わる形で67年10月にロンドンで結成された。日本では今一つ影が薄い存在のようだが、ハプシャッシュ&ザ・カラード・コート、ハンブル・パイ、スリー・マン・アーミー、パリッシュ&ガーヴィッツ、メインホース、フォリナー等々、数多の関連バンドを持つブリティッシュ・ロックのビッグ・ネームの1つ。本作は、68〜70年におけるライヴ音源をコンパイルしたブートレグ盤。内容は、1〜8曲目が70年12月のベルリンで、メンバーは、ハリソン、グローヴナー、ケリー、ジョン・ホークン(ex.ルネッサンス,イリュージョン,ストローブス,etc)、スティーヴ・トンプソン(ex.ストーン・ザ・クロウズ,ジョン・メイオール,etc)の5人編成。おそらく最初の解散寸前の時期だが、ノリがよくてバンド感の演奏は、殊の外ハードでかなりカッコいい。9,12,13曲目が68年6月23日のおそらくBBCセッションで、メンバーはハリソン、グローヴナー、ライト、リドレー、ケリーの5人編成。ファーストのリリース前後の時期で、サイケ&ビート色が強い。10,11曲目が69年4月23日のこれもおそらくBBCセッションで、メンバーはハリソン、グローヴナー、ライト、ケリー、アンディ・リー(ex.マシューズ・サザン・コンフォート,etc)の5人編成と思われる。ピエール・アンリとの「セレモニー」リリース期で、こちらもまだサイケ&ビート色が支配的。ともかくも、70年ベルリンの8曲は文句なしと思う。

コロシアム・レコード盤
(Blues Hard/Blues,Psyche,Beat / Jewel-case CD(1997) / Colosseum Records/Japan)

SPOOKY TOOTH/Berlin Wall(Used CD) (1968-70/Live) (スプーキー・トゥース/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

SPOOKY TOOTH/Berlin Wall(Used CD) (1968-70/Live) (スプーキー・トゥース/UK)

Mike Harrison(vo,kbd)
Luther Grosvenor(g)
Gary Wright(kbd,vo)
John Hawken(kbd)
Greg Ridley(b)
Andy Leigh(b)
Steve Thompson(b)
Mike Kellie(ds)

Produced by Unknown


収録曲目
01.Something To Say
02.I Am The Walrus
03.The Wrong Time
04.I Wanna Be Free
05.Son Of Your Father
06.Better By You Better Than Me
07.Alone
08.Soulful Lady
09.Love Really Changed Me
10.Pretty Woman
11.Feelin' Bad
12.I Can't Quit Her
13.Evil Woman

ページトップへ