カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

OSANNA/Palepoli(パレポリ)(Used CD) (1973/3rd) (オザンナ/Italy)

(中古/USED CD):87年の日本キング/ネクサス・レコード盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION): SLEEVE=A- (クタビレ感少) / DISC=A

オザンナはナポリ出身のグループで、69年にダニーロ、リノ、レオ・ネロ等を中心に結成されたチッタ・フロンターレを母体としている。70年にレオ・ネロが抜けて(72年にイル・バレット・ディ・ブロンゾに加入)、残ったメンバーと当時ショウメンに在籍していたエリオが、新しいロック・ミュージックを目指すことで意気投合し、チッタ・フロンターレの発展的バンドとしてオザンナ結成となる。本作は、73年にイタリアのフォニット・チェトラからリリースされたサード・アルバムで、邦題は「パレポリ」。87年の『ユーロピアン・ロックCDコレクション』シリーズの国内初盤で、ライナーは北村昌士。メンバーは、ファーストから不変のダニーロ・ルスティチ、リノ・ヴァイレッティ、エリオ・ダーナ、レッロ・ブランディ、マッシモ・ジュアリーノの5人編成。前5世紀頃南イタリアに存在したと言われる、古代ギリシアの巨大植民都市『パレアポリス』をモチーフとしたコンセプト作品であり、そのイメージは時代は下るがベスビオ火山の噴火で滅びた都市ポンペイとも重なる、架空古代都市の興亡の物語。底なしに猥雑で呪術的、原初的な人間の情熱と官能の激しい発露が感じられる素晴らしいサウンドで、古代ギリシア/イタリアの香り漂う地中海トラッドと、クリムゾンやタルを彷佛させるブルージー&ヘヴィなプログレッシヴ・ロックのエッセンスが絶妙なマッチングを見せる。いわゆるデュオニソス的な太い暗黒感を基調とした、劇的なアレンジと異端的空気感、ヘヴィ・シンフォニック調の濃密な演奏が全編に渡って炸裂しており、どっぷりと深くずっしりと重い手応えのカッコよさを放つ、およそ文句なしの好盤。

国内盤
(Progressive/Psyche,Heavy Symphonic,Blues / Jewel-case CD(1987) / King/Nexus/Japan)

OSANNA/Palepoli(パレポリ)(Used CD) (1973/3rd) (オザンナ/Italy)

価格:

1,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

OSANNA/Palepoli(パレポリ)(Used CD) (1973/3rd) (オザンナ/Italy)

Danilo Rustici(g,org,vo)
Lino Vairetti(vo,mltrn,syn)
Elio D'anna(fl,sax,vo)
Lello Brandi(b)
Massimo Guarino(ds,vib,per,vo)

Producerd by Osanna


収録曲目
1.a)Oro Caldo/熱いとき
1.b)Stanza Citta/スタンツァ・チッタ
2.Animale Senza Respiro/すばやい獣たち

ページトップへ