カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NICKY HOPKINS/The Tin Man Was A Dreamer(夢みる人)(Used CD) (1973/2nd) (ニッキー・ホプキンス/UK)

(中古/USED CD):95年の日本ソニー・ミュージック盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A- (スリ傷有、再生に影響なし)

ニッキー・ホプキンスはロンドン出身のキーボーティストで、ロード・サッチのサヴェージズでプロデビュー後、キンクス、ザ・フー、ドノヴァン、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、スティーヴ・ミラー・バンド等々の数多のレコーディング・セッションの他、第1期ジェフ・ベック・グループやクィックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスでの活動でも知られるビッグ・ネームの1人。本作は、73年にUKコロムビアからリリースされたソロ名義セカンド・アルバムで、エンボス紙スリーヴ仕様、ライナーは小倉エージ、歌詞・対訳付、初CD化盤。メンバーは、ホプキンス、ジェリー・ウィリアムズ、ミック・テイラー、ジョージ・ハリソン、クラウス・フォアマン、プレイリー・プリンス、レイ・クーパーを軸に、曲によってボビー・キーズ、ジム・ホーン、クリス・レア、マイク・イーガン、クリス・スペディング等が適時参加、デヴィッド・カッツの手によるオーケストラも入る。ホプキンスとデヴィッド・ブリッグスの共同プロデュース。73年のストーンズのツアー終了後、サンフランシスコで立ち上げた自身のバンドによるレコーディングで、ブルージー&スワンピーなバンド感十分の演奏と、ブリティッシュ的アンバー感を内包した楽曲がいい塩梅のマッチングを見せる。ホプキンスの流暢なピアノ&オルガンは勿論、この後チューブス等のプリンスと、5人目のビートルズ的フォアマン、レイ・クーパーの達者なパーカスによるリズム隊はノリがよくて素直にカッコよく、準メンバー的存在のテイラーとジョージのギター、キーズのサックス、ウィリアムズのボーカルもハマっている。佳曲「ドリー」も含め、この線としては文句なしの好盤と思う。

国内盤
(Blues&Swamp/Blues,Swamp,Folk Rock,Progressive,Pops / Jewel-case CD(1995) / Sony Music/Japan)

NICKY HOPKINS/The Tin Man Was A Dreamer(夢みる人)(Used CD) (1973/2nd) (ニッキー・ホプキンス/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

NICKY HOPKINS/The Tin Man Was A Dreamer(夢みる人)(Used CD) (1973/2nd) (ニッキー・ホプキンス/UK)

Nicky Hopkins(vo,p,org)
Jerry Williams(vo)
Mick Taylor(g,ac-g)
George Harrison(aka.George O'Hara)(g,sl-g)
Klaus Voormann(b)
Prairie Prince(ds)
Ray Cooper(per)
Bobby Keys(sax)
Jim Horn(sax)
Jim Price(tp)
Chris Rae(ac-g)
Mike Egan(ac-g)
Chris Spedding(g)

Orchestrated by David Katz Produced by Nicky Hopkins, David Briggs


収録曲目
01.Sundown In Mexico/サンダウン・イン・メキシコ
02.Waiting For The Band/ウェイティング・フォー・ザ・バンド
03.Edward/エドワード
04.Dolly/ドリー
05.Speed On/スピード・オン
06.The Dreamer/夢みる人
07.Banana Anna/バナナ・アンナ
08.Lawyer's Lament/弁護士の嘆き
09.Shout It Out/シャウト・イット・アウト
10.Pig's Boogie/ピッグズ・ブギ

ページトップへ