カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NEW TROLLS/Concerto Grosso Per 1&2(Used CD) (1971+76/3+8th) (ニュー・トロルス/Italy)

(中古/USED CD):89年のイタリア・ワーナー・フォニット盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- (クタビレ感少) / DISC=A

ニュー・トロルスはジェノヴァ出身のグループで、ヴィットリオ・デ・スカルツィやニコ・ディ・パーロが中心となって66年に結成されている。イタリアン・ロック最古参のバンドの1つで、PFMやアレア、バンコ、オザンナ、フォルムラ・トレ等と共に、日本でもよく知られるイタリアン・ロックのビッグ・ネーム。本作は、71年のサード「コンチェルト・グロッソ1(1〜5曲目)」と76年のエイス「コンチェルト・グロッソ2(6〜13曲目)」の、2枚のアルバム全曲を収録したカップリング2in1CDで、オリジナルはサードがフォニット・チェトラ、エイスがマグマ、スリーヴはリバーシブル仕様。メンバーは、サードがヴィットリオ・デ・スカルツィ、ニコ・ディ・パーロ、ジョルジオ・ダダモ、ジャンニ・ベッレーノの4人編成、エイスはサードの4人にリッキー・ベローニ(ex.ヌォーヴァ・イデア)を加えた5人編成が基本で、ともにルイス・エンリケス・バカロフの作曲とアレンジによるオーケストラが入り、プロデュースはセルジオ・バルドッティ。サードは、イタリアン・ロックといえば真っ先に本作を挙げる人も多い大著名盤で、ドラマティックな美しいストリングスとバンドの絡みは確かに魅力的だが、5曲目のバンドのみによるサイケ色のある長尺ハード・ナンバーも実はかなりカッコいい。エイスは、分裂のゴタゴタを経て仲直りした再出発第1弾で、メジャー展開の典雅で晴れやかな曲が多く、マイナー展開の泣きのサードとの対比も意識されたかも知れない。その後のポップ・ロック路線への萌芽も散見され、その線としても十分に聴ける感じ。どちらも濃密で出来のよい好盤と思う。

輸入盤
(Progressive/Classic,Psyche,Bluse,Hard,Pops / Jewel-case CD(1989) / Warner Fonit/Italy)

NEW TROLLS/Concerto Grosso Per 1&2(Used CD) (1971+76/3+8th) (ニュー・トロルス/Italy)

価格:

980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

NEW TROLLS/Concerto Grosso Per 1&2(Used CD) (1971+76/3+8th) (ニュー・トロルス/Italy) NEW TROLLS/Concerto Grosso Per 1&2(Used CD) (1971+76/3+8th) (ニュー・トロルス/Italy)

Vittorio De Scalzi(vo,g,kbd,fl)all
Nico Di Palo(vo,g)all
Giorgio D'Adamo(b)all
Gianni Belleno(ds,vo)all
Ricky Belloni(vo,g)8th

Arranged & Directed by Luis Enriouez Bacalov(both)


Produced by Sergio Bardotti(both)


収録曲目
"Concerto Grosso N.1":
01.tempo:Allegro
02.tempo:Adagio
03.tempo:Cadenza
04.tempo:Shadows (per Jimi Hendrix)
05.Nella Sala Vuota, Improvvisazioni Dei New Trolls

"Concerto Grosso N.2":
06.tempo:Vivace
07.tempo:Andante-Most Dear lady
08.tempo:Moderato-Fare You Well Dove
09.Quiet Seas
10.Vent' Anni
11.Bella Come Mai
12.Let It Be Me
13.Le Roi Soleil

ページトップへ