カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NATIONAL HEALTH/Of Queues And Cures(オブ・キューズ・アンド・キュアーズ)(Used CD) (1978/2nd) (ナショナル・ヘルス/UK)

(中古/USED CD):03年の日本アルカンジェロ盤/国内流通盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

ナショナル・ヘルスは、ハットフィールド・アンド・ザ・ノース解散後に、デイヴ・スチュワートがギルガメッシュにステージ・サポート・メンバーとして参加したのを端緒として、ハットフィールドのスチュワートとフィル・ミラー、ギルガメのアラン・ガウエンとフィル・リーに、元エッグ、ユリエル(aka.アザッケル)のモント・キャンベル、クリムゾン解散後のビル・ブルーフォード、ノーゼッツのアマンダ・パーソンズ等が加わって75年に新たに結成されたグループで、カンタベリー人脈の数多のミュージシャン達が出入りした、70年代カンタベリー系の総決算的性格のグループ。本作は、78年にUKチャーリーからリリースされたセカンド・アルバムで、フランスのスパラックス・ミュージック紙ジャケ盤(CDは96年プレス盤)に、国内のアルカンジェロがオビ・解説を付けた国内流通盤。メンバーは、スチュワート、ミラー、ピップ・パイル、ジョン・グリーヴスの4人編成を基本に、曲によってフィル・ミントン、ジミー・ヘイスティングス(ex.キャラヴァン,etc)、ピーター・ブレグヴァッド(ex.スラップ・ハッピー)、ジョージー・ボーン(ex.ヘンリー・カウ)等々がゲスト参加、バンドとマイク・ダンの共同プロデュース。前作でホワイトスネイク加入の為にニール・マーレイが抜けて、代わりに元ヘンリー・カウのグリーヴスが加入、前作での美しい女性スキャット・ボーカルを管楽器群にスイッチしているが、高い演奏性を保った濃密な演奏とエレガントなメロディアスさは、そのままかそれ以上という印象。前作・本作ともに甲乙付け難いが、雰囲気重視のメロディアスさなら前作、よりプログレ然とした演奏なら本作といった感じか。また、スチュワートのフレーズはブルーフォードと重複していて、聴き比べるのも面白い。

アルカンジェロ盤/フランス・プレス(French-pressing CD)
(Progressive/Jazz Rock,Canterbury / Paper-Sleeve CD(2003) / Arcangelo,Spalax/Japan,France)

NATIONAL HEALTH/Of Queues And Cures(オブ・キューズ・アンド・キュアーズ)(Used CD) (1978/2nd) (ナショナル・ヘルス/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

NATIONAL HEALTH/Of Queues And Cures(キューズ・アンド・キュアーズ)(Used CD) (1978/2nd) (ナショナル・ヘルス/UK)

Dave Stewart(kbd)
Phil Miller(g)
John Greaves(b)
Pip Pyle(ds,per)
Phil Minton(tp)
Jimmy Hastings(fl,clnt)
George Born(cello)
Paul Nieman(tb)
Peter Blegvad(vo)
Rick Biddolph(bass-org)

Produced by National Health & Mike Dunne


収録曲目
1.Bryden 2 Step(for amphibians) Part1
2.Collapso
3.Squarer For Maud
4.Dreams Wide Awake
5.Binoculars
6.Phlakaton
7.Bryden 2 Step(for amphibians) Part2

ページトップへ