カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MARILLION/Fugazi(破滅の形容詞)(Used CD) (1984/2nd) (マリリオン/UK)

(中古/USED CD):94年の日本・東芝EMI盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- (オビにヨレ少) / DISC=A (スリ傷微少、再生に影響なし)

マリリオンは、スティーヴ・ロザリーやミック・ポインターが中心となって、79年にバッキンガムシャー州アイルズベリーで結成されたシルマリリオンを母体としている。80年にスコットランド出身のフィッシュが加入してマリリオンに改名、82年に自主制作カセット作品を制作してライヴで販売、82年8月にレディング・フェス出演とEMIとの契約を果たしてデビューした。IQやパラス、トゥエルフス・ナイト等々とともに、いわゆる80年代ポンプ・ロックを代表するビッグ・ネームの1つ。本作は、84年にUKのEMIからリリースされたセカンド・アルバムで、邦題は「破滅の形容詞」、バーン!・レジェンダリー・マスターズ・シリーズ、ライナーは平野和祥、歌詞・対訳付、国内初CD化盤。メンバーは、前作からのフィッシュ、ロザリー、マーク・ケリー、ピート・トレワヴァスの4人に、新たにイアン・モズレー(ex.ダリル・ウェイズ・ウルフ,トレース,etc)を加えた5人編成で、曲によってクリス・カレン、リンダ・パイクがゲスト参加、プロデュースはニック・タウバー。前作のジェネシス感はある程度担保しつつも、例えば「究極」以降のイエスや「ザ・ウォール」以降のピンク・フロイドのような、いわゆるプログレ的ハードネスとポップネスを織り交ぜた感じのサウンドを展開。曲によっては、キャメルのようなブルージーな泣きもあって、当時パンクやニュー・ウェーヴに馴染めなかったプログレやNWOBHMのリスナー層に、結果としてその辺りが支持された要因だったのかも知れない。煮え切らないハード・ロック的アプローチも含め、けっこう面白い好盤と思う。

国内盤
(Progressive/Symphonic,Hard,Pops / Jewel-case CD(1994) / Toshiba-EMI/Japan)

MARILLION/Fugazi(破滅の形容詞)(Used CD) (1984/2nd) (マリリオン/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

MARILLION/Fugazi(破滅の形容詞)(Used CD) (1984/2nd) (マリリオン/UK)

Fish(vo)
Steve Rothery(g)
Mark Kelly(p,syn,kbd)
Pete Trewavas(b)
Ian Mosley(ds)
Chris Karen(per)
Linda Pyke(vo)

Produced by Nick Tauber


収録曲目
1.Assassing/暗殺者
2.Punch & Judy/パンチ&ジュディ
3.Jigsaw/ジグソー・パズル
4.Emerald Lies/エメラルド・ライズ
5.She Chameleon/彼女はカメレオン
6.Incubus/夢魔(むま)
7.Fugazi/フゲイジ

ページトップへ