カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MARY MAC/River Song(リバー・ソング)(Used CD) (1997/only) (メアリー・マック/UK)

(中古/USED CD):97年の日本ヴィヴィッド・サウンド盤/国内流通盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=B (ウォーターダメージ有) / DISC=B+ (研磨跡有、再生に影響なし)

メアリー・マックはスコットランドのダンディー出身のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、スコットランドで大きな支持を得たアダム812での活動を経て、94年にソリストに転向した。本作は、97年にリリースされた唯一のアルバムで、ライナーは遠藤敬太郎、歌詞付。メンバーは、メアリー、ロバート・アーワイ、クマ原田、リチャード・ベイリー、マックス・ミドルトンを軸に、スノーウィー・ホワイト、イアン・ベアーソン、ジェームズ・ラスセレス、ナイジェル・ヒッチコック、リック・テイラー等々が曲によって適時参加、プロデュース&アレンジはクマ原田。クマ原田、アーワイ、ベイリー、ミドルトンは、ゴンザレス、ジェフ・ベック、ハミングバード、スノーウィー・ホワイト関連人脈、ベアーソンは元パイロット、アラン・パーソンズ・プロジェクト等々で、概ねその線のソウルフルな女性ボーカル路線のサウンドを展開。洒落た雰囲気のクールなメロディ、透明感のあるセヴンス方面のコード感、落ち着いたボーカル・スタイルなど、わりと70年代以降のジョニ・ミッチェルっぽい要素と、跳ねを抑えた沈む16ビート方面のリズム、洗練されたAOR的エレガントさといった、例えば大貫妙子や吉田美奈子、日暮し辺りの70年代シティ・ポップス/ニュー・ミュージック的要素が、よいマッチングで同居している印象。それ程強い引っ掛かりはないが、全体にサウンド・メイキングがしっかりしていて、適度にブルージーな楽曲も悪くなく、ともかくも流していて耳触りが心地好い。

ヴィヴィッド盤
(Trad&Folk/Soul,Funk,Blues,SSW / Jewel-case CD(1997) / Vivid Sound/Japan)

MARY MAC/River Song(リバー・ソング)(Used CD) (1997/only) (メアリー・マック/UK)

価格:

980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

MARY MAC/River Song(リバー・ソング)(Used CD) (1997/only) (メアリー・マック/UK)

Mary Mac(vo)
Robert Ahwai(g)
Ian Bairson(g)
Snowy White(g)
Max Middleton(kbd)
Tetsuro Sugiura(kbd)
James Lascelles(kbd)
Kuma Harada(b,g,programming)
Richard Bailey(ds)
Nigel Hitchcock(sax)
Neils Jannette Walen(eng-hrn)
Rick Taylor(tb)
Paul Sprong(tp)
Linda Taylor(vo)

Produced & Arranged by Kuma Harada


収録曲目
1.River Song/リバー・ソング
2.Do You Know Where The Love Goes/愛のゆくえ
3.Do You Remember/ドゥ・ユー・リメンバー
4.Good Company/グッド・カンパニー
5.Keep On Fighting/キープ・オン・ファイティング
6.This Thing Called Love/ディス・シング・コールド・ラヴ
7.We All Hold The Key/ウィー・オール・ホールド・ザ・キー
8.Fly Into The Night/フライ・イントゥ・ザ・ナイト
9.Heart And Soul/ハート・アンド・ソウル

ページトップへ