カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HAIRY CHAPTER/Can't Get Through + Eyes(Used CD) (1970+71/1+2th) (ヘイリー・チャプター/German)

(中古/USED CD):97年のドイツ・セカンド・バトル盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

ヘイリー・チャプターはボン出身のグループで、66年に結成されたザ・コンセントリック・ムーヴメントを母体として、69年にエレクトロニクス系のアルバムをマリティム・レコードからリリース後、70年に名前をヘイリー・チャプターに変えてサウンドもサイケ&ハード・ロック指向となったようだ。本作は、70年のファースト「アイズ(6~14曲目)」と、71年のセカンド「キャント・ゲット・スルー(1~5曲目)」のカップリング2in1CDで、オリジナルはファーストがドイツOPPでセカンドがベラフォン/バシラス。3面開きデジパック仕様。メンバーは、ファーストがハリー・ウンテ、ハリー・ティトルバッハ、ルドルフ・オルデンブルク、ルディ・ハウボルトの4人編成、セカンドはハウボルトがヴェルナー・ファウスに交代している他、曲によってハーモニカやトランペット、ダブル・ベース等のゲスト参加がある(ハウボルトも1曲で参加)。プロデュースは2枚ともディーター・ディルクス。2作共、ティトルバッハの弾きまくりギターを中心としたブルージー・サイケ・ハードを展開していて、手数の多い鋭角なギターがオブリガードでガンガン切り込んでくる様は文句なしにカッコいい。特にセカンドは圧巻で、一部プログレ的展開も見せるが、パワフルかつダメダメな英詞シャウト・ボーカルやヘヴィなリズム隊も含め、サイケなギラギラ感とハード・ロックのラウド感が一体となって、メイ・ブリッツ的な申し分のないハマり具合を見せる。サイケ・ハード愛好家なら間違いなく楽しめるだろう、この線のB級ジャーマン・ハード最高峰の1つと思う。カッコよし!。

輸入盤
(Psyche Hard/Heavy Blues,Progressive / Digi-Pack CD(1997) / Second Battle/German)

HAIRY CHAPTER/Can't Get Through + Eyes(Used CD) (1970+71/1+2th) (ヘイリー・チャプター/German)

価格:

1,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

HAIRY CHAPTER/Can't Get Through + Eyes(Used CD) (1970+71/1+2th) (ヘイリー・チャプター/German)

Harry Unte(vo,ac-g)all
Harry Titlbach(g)all
Rudolf Oldenburg(b)all
Rudi Haubold(ds)1
Werner Faus(ds)2

Guests of 2nd :
Ulrich Hubinger(hmca)
Heinz Greven(d-b)
Heinz Schlachtner(tp)

Producerd by Dieter Dierks(both)


収録曲目
"Can't Get Through (1971/2nd)" :
HAIRY CHAPTER/Eyes + Can't Get Through (1970+71/1+2th) (ヘイリー・チャプター/German)

01.Thewe's A Kind Of Nothing
02.Can't Get Through
03.It Must Be An Officer's Daughter
04.As We Crossed Over
05.You've Got To Follow This Masquerade


"Eyes (1970/1st)" :
HAIRY CHAPTER/Eyes + Can't Get Through (1970+71/1+2th) (ヘイリー・チャプター/German)

06.Bad Dreams
07.Pretty Talking Girl
08.Pauline
09.Illusions
10.Looking For A Decent Freedom
11.Cry For Relief
12.Thought After
13.Life 69
14.Big Fat Woman Blues

ページトップへ