カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

GRAVY TRAIN/A Ballad of A Peaceful Man(Used CD) (1971/2nd) (グレヴィー・トレイン/UK)

(中古/USED CD):90年のドイツ・レパートリー盤/輸入盤・廃盤
(状態/ CONDITION):SLEEVE=A- (プラケ爪跡有) / DISC=A- (スリ傷少、再生に影響なし)

グレヴィー・トレインは、ノーマン・バレットが中心となって69年にランカシャー州セント・ヘレンズで結成されたグループで、マンチェスターとリヴァプールを拠点に活動していたが程なくロンドンに移住し、ニュー・ロックの若いグループを探していたヴァーティゴと契約した。本作は、71年にUKヴァーティゴからリリースされたセカンド・アルバムで、ヴァーティゴの欠番でテスト・プレスしか存在しない等々の諸説があったようだが、当時ちゃんとリリースされていたようだ。メンバーは、前作と同じノーマン・バレット、J.D.ヒューズ、レス・ウィリアムス、バリー・ダベンポートの4人編成で、オーケストラ・アレンジはニック・ハリソン、プロデュースはジョナサン・ピール。前作からのイモっぽいB級ブルージー・ハード路線に大きな変化は見られないが、抒情的なストリングスとフルートをフューチャーした旧A面の3曲(1〜3曲目)は、牧歌的な泣きが前面に顕われたブルージー・プログレ・バラード調で、ちょっと異質な趣きの印象。旧B面5曲(4〜8曲目)は、ファースト直系のジェスロ・タル色もある典型的なB級ブルージー・ハード路線。全体に、わりと嫌味のないキャッチーさのセンチメンタルな曲調が多く、ベタな泣きのギターも含め、結構プログレ系のリスナーにもウケるサウンドかも知れない。

輸入盤
(Blues Hard/Progressive,Psyche / Jewel-case CD(1990) / Repertoire/German)

GRAVY TRAIN/A Ballad of A Peaceful Man(Used CD) (1971/2nd) (グレヴィー・トレイン/UK)

価格:

1,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

GRAVY TRAIN/A Ballad of A Peaceful Man(Used CD) (1971/2nd) (グレヴィー・トレイン/UK)

Norman Barrett(vo,g)
J.D.Hughes(kbd,fl,sax,vo)
Les Williams(b,vo)
Barry Davenport(ds)

Orch. Arranged by Nick Harrison

Produced by Jonathan Peel


収録曲目
1.Alone In Grorgia
2.A Ballad of A Peaceful Man
3.Jule's Delight
4.Messenger
5.Can Anybody Hear Me?
6.Old Tin Box
7.Won't Talk About It
8.Home Again

ページトップへ