カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FREE/Heartbreaker(ハートブレーカー)(Used CD) (1973/6th) (フリー/UK)

(中古/USED CD):97年の日本マーキュリー/ポリグラム盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

フリーは、デビュー以前のブラック・キャット・ボーンズで知り合ったポール・コゾフとサイモン・カークが中心となって、68年にロンドンで結成されたグループで、フィンズベリー・パークのR&Bクラブで歌っていたポール・ロジャースにコゾフが声をかけ、ベーシストを探していたカークがアレクシス・コナーからブルースブレイカーズにいたアンディ・フレーザーを紹介されて4人が集まっている。結成当時、ロジャースとカークは19歳、コゾフは17歳、フレーザーは15歳という若さながら、人生の機微を知り尽くしたかのような枯れた哀愁を放った、ブリティッシュ・ブルース・ロックの押しも押されぬビッグ・ネーム。本作は、73年にUKアイランドからリリースされたセクス・アルバムで、ライナーは伊藤秀世、歌詞・対訳付。メンバーはロジャース、コゾフ、カーク、ラビット(ジョン・バンドリック)、山内テツ(ex.ミッキー・カーチス&サムライ,フェイセズ,etc)の5人編成が基本だが、コゾフはドラッグ禍の体調不良で全曲には参加しておらず、曲によってスナッフィ・ウェルデン(ex.ストレイ・ドッグ,etc)、リーバップ(ex.トラフィック,カン,etc)等のゲスト参加がある。バンドとアンディ・ジョンズの共同プロデュース。「ウィッシング・ウェル」が何より知られているが、渾身の「ハートブレーカー」や「セヴン・エンジェルス」、アンバーな情感の「カム・トゥゲザー〜」と「コモン・モータル・マン」など、佳曲も多く聴きどころは十分にある。テツのベースが、結果として従来のフリー的粘っこさと重さを担保していて、別物感は「フリー・アット・ラスト」よりは薄く、かなりの好盤と思う。カッコよし!。

国内盤
(Blues&Swamp/Blues,Swamp,Hard / Jewel-case CD(1997) / Mercury/Polygram/Japan)

FREE/Heartbreaker(ハートブレーカー)(Used CD) (1973/6th) (フリー/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

FREE/Heartbreaker(ハートブレーカー)(Used CD) (1973/6th) (フリー/UK)

Paul Rodgers(vo,ac-g,el-g,p)
Paul Kossoff(el-g)
Rabbit(aka.John Bundrick)(el-p,p,org,glocken,vo)
Tetsu Yamauchi(b,per)
Simon Kirke(ds,per,g,vo)
Snuffy Walden(el-g)
Rebop Kwaku Baah(conga)

Produced by Free & Andy Johns


収録曲目
1.Wishing Well/ウィッシング・ウェル
2.Come Together In The Morning/カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング
3.Travellin In Style/トラヴェリン・イン・スタイル
4.Heartbreaker/ハートブレーカー
5.Muddy Water/マディ・ウォーター
6.Common Mortal Man/コモン・モータル・マン
7.Easy On My Soul/イージー・オン・マイ・ソウル
8.Seven Angels/セヴン・エンジェルス

ページトップへ