カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

EPSILON/Move On(Used CD) (1971/2nd) (イプシロン/German)

(中古/USED CD):93年のドイツ・ベラフォン盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A- (スリ傷少、再生に影響無し)

イプシロンは、ヘッセン州マールブルク出身のグループで、元オレンジ・ピール(末期)、ノスフェラトゥのミヒャエル・ヴィンツコヴスキが中心となって70年に結成されている。本作は、71年にドイツのベラフォン/バシラスからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは前作と同じヴィンツコヴスキ、ヴァルター・オルテル、ミヒャエル・エルトル、ハルトムート・ファンミュラーの4人編成を基本に、曲によってライナー・マルツ(ex.ジェロニモ,アトランティス,クロコダイル,etc)、クリスティアン・フェルケ等が適時ゲスト参加、プロデュースはペーター・ハウケ。また、9曲中4曲のドラムはカート・クレス(ex.オレンジ・ピール,パスポート,CCC,etc)で、曲によってはヴィンツコヴスキがベースを弾いていたりもして、制作時のバンド状態は不安定だったのかも知れない。概ね、ブルース基調のハード・ロックを展開していて、わりとオーソドックスに定番スタイルを踏襲した楽曲とアレンジは、英語ボーカルも含めそれ程ジャーマン・クラウト感は感じられない。イケイケの疾走タイプから泣きの盛り上がりタイプまで、達者なギターとヒップなオルガンを軸とした演奏は上手くてノリもよく、リズム隊も十分にヘヴィで素直にカッコいい。ブラックウォーター・パークや2066&ゼン辺りよりはサイケ色は薄い印象で、スリーヴもけっこうトホホな感じだが、骨太さが担保されたメインストリーム感がよいハマりを見せていて、ハード・ロック愛好家なら十分に楽しめるだろうジャーマン・ハード系の好盤と思う。

輸入盤
(Blues Hard/Blues,Progressive,Psyche / Jewel-case CD(1993) / Bellaphon/Bacillus Records/German)

EPSILON/Move On(Used CD) (1971/2nd) (イプシロン/German)

価格:

1,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

EPSILON/Move On(Used CD) (1971/2nd) (イプシロン/German)

Michael Winzkowski(vo,g,b)
Walter Ortel(org,p,el-p,ac-g,vo)
Michael Ertl(b)
Hartmut Pfannmuller(ds,per)
Curt Cress(ds,per)
Christian Felke(fl)
Rainer Marz(g,choir)
Pete Bender(choir)

Produced by Peter Hauke


収録曲目
1.Walkin' On My Way
2.She Belongs To Me
3.Feelings
4.What About The Future
5.Move On
6.Reichelsheim
7.Hear Me Cryin'
8.Waiting
9.Don't Know Why

ページトップへ