カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DUNCAN BROWNE/Give Me Take You(Used CD) (1968/1st) (ダンカン・ブラウン/UK)

(中古/USED CD):09年のUKグレープフルーツ・レコード盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A- (スリ傷少、再生に影響なし)

ダンカン・ブラウンはロンドン出身のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、67年にローレル(デイヴィー・モーガンとのデュオ)でデビュー・シングルをレコーディングするが、オクラ入となってローレルは解散、ソロに転向して68年にデビューした。70年代後半のメトロでの活動でも知られているかも知れない。本作は、68年にUKイミディエイトからリリースされたソロ名義ファースト・アルバムで、前述のローレルのオクラ入シングルの他、デモ、アウトテイク、リハーサル、シングル・ヴァージョン等計10曲をボーナス収録(初出5曲)。メンバーは、ボーカル&ギターのブラウン、キーボードのニッキー・ホプキンス以外は不明で、プロデュースはアンドリュー・ルーグ・オールダム。イミディエイトのオーナーでもあったオールダムの計らいでレコーディングが実現したらしく、ブラウンのくぐもった線の細さと、柔らかいキャッチーさの楽曲、フラワー・ポップ調のサイケ感を絡めた玄人的アレンジが、いい塩梅のバランスで同居するフォーク調サウンドを展開。全体に、アシッド・フォーク方面に通じる淡々とした佇まいが、内省感とアンダーグラウンドの香りを担保していて、ジェントリーなボーカルとエレガントなアコースティック・ギターが、ドリーミー系のフワッとしたサイケ感に収束する感じ。楽曲の適度なポップネスや寸止め感、全体のサウンドの浮遊感は、例えばドノヴァンやニック・ドレイク辺りとはまた違ったメインストリーム系のソフト・サイケ感という印象で、耳触りの心地好い好盤と思う。ECプレス盤

輸入盤
(Folk&Folk Rock/SSW,Folk,Psyche,Pops / Jewel-case CD(2009) / Grapefruit Records/UK,EC)

DUNCAN BROWNE/Give Me Take You(Used CD) (1968/1st) (ダンカン・ブラウン/UK)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

DUNCAN BROWNE/Give Me Take You(Used CD) (1968/1st) (ダンカン・ブラウン/UK)

Duncan Browne(vo,g)
Nicky Hopkins(kbd)
& Unknown Others

Produced by Andrew Loog Oldham


収録曲目
01.Give Me Take You
02.Ninepence Worth Of Walking
03.Dwarf In A Tree (A Cautionary Tale)
04.The Ghost Walks
05.Waking You (Part One)
06.Chloe In The Garden
07.Waking You (Part Two)
08.On The Bombsite
09.I Was You Weren't
10.Gabilan
11.Alfred Bell
12.The Death Of Neil

bonus track:
13.On The Bombsite (demo)
14.The Cherry Blossom Fool (outtake)
15.Give Me, Take You (rehearsal)
16.Ninepence Worth Of Walking (rehearsal)
17.On The Bombsite (rehearsal)
18.I Was, You Weren't (rehearsal)
19.The Death Of Neil (rehearsal)
20.On The Bombsite (mono single version)
21.Alfred Bell (mono single version)
22.Here And Now (recorded as LOREL)

ページトップへ