カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DAEVID ALLEN & KRAMER/Who's Afraid?(Used CD) (1992/1st) (デイヴィッド・アレン&クレイマー/UK,Australia,USA)

(中古/USED CD):92年のUSAシミー・ディスク盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- / DISC=A

デイヴィッド・アレンはオーストラリアのメルボルン出身のアーティストで、メルボルンの本屋で店員として働いていた時にビートニクの詩人として活動を始め、60年頃からヨーロッパを放浪、パリやロンドンでアレン・ギンズバーグやウィリアム・バロウズと会ってさらに影響を受け、サン・ラに刺激されてフリー・ジャズ指向のデイヴィッド・アレン・バンド(ドラムはロバート・ワイアット)を結成。キテレツな演奏とパフォーマンスがバロウズに気に入られ、ワイアットが平行して活動していたワイルド・フラワーズのケヴィン・エアーズ、マイク・ラトリッジとともに、66年にバロウズの小説タイトルを冠したソフト・マシーン結成に至る。(マーク・)クレイマーは、おそらくニュー・ジャージー州出身のミュージシャン兼コンポーザー兼プロデューサーで、プログレ系リスナーにはハーフ・ジャパニーズ、アレンやヒュー・ホッパーとのデュオ、ブレインヴィル等での活動の他、シミー・ディスクの設立者としても知られていると思う。本作は、92年にUSAシミー・ディスクからリリースされたデュオ名義ファースト・アルバムで、メンバーは、アレンとクレイマーを軸に、曲によってデヴィッド・リヒトのドラム&パーカスが入る。アレン的メロディやサイケ感がわりと前面に顕われた、プログレ、アシッド・フォーク、ポップス等の折衷サウンドを展開していて、アレンやワイアットの初期ソロ作品群に通底するゆるさと変テコさ十分。ある意味ふやけたローファイ感とヒッピー的アバウト感満点の感じだが、演奏はけっこうしっかりしていて楽曲も悪くなく、飽きずに聴けてかなり面白い好盤と思う。カナダ・プレス盤

輸入盤
(Progressive/Psyche,Canterbury,Pops / Jewel-case CD(1992) / Shimmy-Disc/USA,Canada)

DAEVID ALLEN & KRAMER/Who's Afraid?(Used CD) (1992/1st) (デイヴィッド・アレン&クレイマー/UK,Australia,USA)

価格:

1,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

DAEVID ALLEN & KRAMER/Who's Afraid?(Used CD) (1992/1st) (デイヴィッド・アレン&クレイマー/UK,Australia,USA)

Daevid Allen(vo,gl-g,ac-g)
Kramer(b,g,kbd,fl,vo)
David Licht(ds,per)

Produced by Kramer


収録曲目
01.Thinking Thoughts
02.Love
03.Who's Afraid?
04.Shadow
05.Bopera III
06.Pretty Teacher
07.Call It Accident
08.Song For Robert
09.C'Est La Maison
10.More & More
11.Quit Yr Bullshit

ページトップへ